このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

イネ 「どこからきたの?」

  • 印刷
トップページ 昔といまのコメづくり 食卓にとどくまで 農産物たんけん隊 情報コーナー ミニミニちしき

 

どこからきたの?

生まれは中国南部の山岳地帯

1   日本以外では

イネは、中国南部の雲南(うんなん)~ラオス、タイ、ビルマ周辺に広がる山岳地帯で生まれたとされています。
そこから北の方に広がっていったのが、寒さにつよいジャポニカという種類(しゅるい)のイネです。中国などの温帯での栽培(さいばい)にむくイネです。
南に下って、インドや東南アジアに広がったのがインディカという種類になりました。湿度と気温が高いところ、雨季(うき)と乾季(かんき)がある気候での栽培にむいています。
そしてインディカとおなじく南に広がり、熱帯の高地でつくられるようになったのがジャバニカという種類のイネです。寒さにつよく、乾燥(かんそう)した土地でも育ちます。
やがてイタリア、アフリカの地中海沿岸(えんがん)、マダガスカル、南米にまで広がっていきました。

2   日本では

縄文(じょうもん)時代後期に、朝鮮(ちょうせん)半島か中国の揚子江(ようすこう)あたりから、ジャポニカが北九州に伝わりました。およそ2,000年前の弥生(やよい)時代中期には、本州の一番北(今の青森県あたり)でも、イネがつくられていたようです。北海道は一番遅く、明治時代になって、やっとつくられるようになりました。
現在、日本人1人あたりで年間約62kgのコメを食べていますが、昭和40年代までは、1人あたり約100kgも食べられていました。

イネの生産量ベスト3と品種マップ

どこからきたの? | どうやってつくるの? | こんなにいろいろあるんだ! | そだててみよう

│イネ│ジャガイモナスサツマイモ


 │昔といまのコメづくり食卓にとどくまで農産物たんけん隊情報コーナーミニミニちしき


参考にした本・ホームページ