このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

イネ 「どうやってつくるの?」

  • 印刷
トップページ 昔といまのコメづくり 食卓にとどくまで 農産物たんけん隊 情報コーナー ミニミニちしき

「もみ」はイネの実のこと

イネの苗

イネは根元から葉と茎(くき)がどんどんでて、株(かぶ)が大きくなります。これを「分げつ」といって、新しい茎がでるたびに根の数もどんどんふえていきます。

茎の断面図

苗(なえ)の根元を切ってルーペで見てみると、葉で吸(す)った空気を、根に送る穴(あな;通気こうといいます)がたくさん見えます。だからイネの根は、水の中でもかれないのです。

イネの実

イネの実は「もみ」、皮を「もみがら」といいます。もみがらの中には茶色い玄米(げんまい)が入っています。玄米の茶色い皮(米ぬか)をとると、ごはん(はくまい)として食べている胚乳(はいにゅう)と、小さな芽と根がついたの部分があらわれます。

農家のつくりかた 

1  田おこし・代かき(しろかき)

田んぼの土をできるだけ深くほりおこし、土をこまかくします。それから田んぼに肥料(ひりょう)をまき、水を入れてから土を平らにならします。こうして土をやわらかくすることでイネが育ちやすくなり、また雑草もはえにくくなります。

1.すきで深くほりおこす、2.土をこままくする、3.水をいれ、代かきする。

 

苗つくり

2  苗つくり

種もみは病気や虫がついていないものを使うために、薬で消毒をします。塩水などにつけて種もみを選び、水を吸わせて芽の出しかたをそろえます。その種もみを育苗箱(いくびょうばこ)にまき、苗を育てます。

 

3  田植え

田んぼに、育った苗を植えます。今ではほとんど機械で植えますが、機械が植えのこしたところは手で植えます。

田植え

 

防除

4  草取り・水の管理・追肥(ついひ)・防除(ぼうじょ)

イネがよく育つように田んぼに肥料をまいたり、草を取ったり、田んぼがかわかないように水を入れます。また虫や病気がでないように、農薬をまきます。

 

5  イネ刈り(かり)・脱穀(だっこく)

コンバインという機械を使って実ったイネを刈り取り、イネの穂(ほ)からもみを落として、ワラと分けます。

イネ刈り・脱穀

 

乾燥

6  乾燥(かんそう)・もみすり

もみは水分をふくんでいるので、長い間貯蔵(ちょぞう)できるように乾燥させます。もみがらをとり、玄米にします。

どこからきたの? | どうやってつくるの? | こんなにいろいろあるんだ! | そだててみよう

│イネ│ジャガイモナスサツマイモ

[PDF]

 │昔といまのコメづくり食卓にとどくまで農産物たんけん隊情報コーナーミニミニちしき


参考にした本・ホームページ