このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

地中海地域

  • 印刷
トップページ 昔といまのコメづくり 食卓にとどくまで 農産物たんけん隊 情報コーナー ミニミニちしき

地中海地域

キャベツ キャベツ 野菜

キャベツは、地中海沿岸(えんがん)で、古代ギリシャ時代から食べられていました。日本には江戸(えど)時代に鑑賞(かんしょう)用として伝わりました。たくさん食べられるようになったのは、第二次世界大戦後のことです。葉のやわらかい春玉、夏から秋の高原もの、秋から冬の寒玉と1年中食べることができます。

ダイコン ダイコン 野菜

ダイコンの原産地は、中国と地中海沿岸の2つの説があり、定まっていません。弥生(やよい)時代の遺跡(いせき)から種が発見されていて、古くから利用されていたことがわかっています。江戸時代の中ごろには1年を通してつくられるようになり、明治時代から今日にかけて、日本の野菜の生産量トップの地位を築いています。

 

 │農産物のふるさと農産物についての故事・ことわざ


 │昔といまのコメづくり食卓にとどくまで農産物たんけん隊情報コーナーミニミニちしき


参考にした本・ホームページ