このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第4回 フードガイド(仮称)検討会 議事次第

日時 : 平成17年4月26日(火曜日)10時00分~12時00分

場所 : 経済産業省別館944会議室

1.開会

2.フードガイド(仮称)の普及活用戦略について

3.その他

4.閉 会

出席者:

【委員(五十音順)】

伊藤 俊一 社団法人日本フードサービス協会会員企業・株式会社ジョナサン広報担当
伊藤 廣幸 社団法人日本フランチャイズチェーン協会CVS担当部長・株式会社ローソンFCサポートステーションシニアリーダー
尾坂 昇治 株式会社シナジー代表取締役
武見 ゆかり 女子栄養大学栄養学部教授
田中 清三 全国飲食業生活衛生同業組合連合会会長(代理 加藤 隆 副会長)
津志田 藤二郎 独立行政法人食品総合研究所食品機能部長
中村 丁次 社団法人日本栄養士会会長
永田 浩三 日本放送協会番組制作局情報番組センター部長
服部 幸應 学校法人服部学園理事長
早渕 仁美 福岡女子大学人間環境学部教授
針谷 順子 高知大学教育学部教授
松谷 満子 財団法人日本食生活協会会長
宮川 誠一 日本スーパーマーケット協会販売促進委員会委員・株式会社ライフコーポレーション首都圏販売促進部首都圏販売演出課長
横田 倫子 消費科学連合会企画委員
吉池 信男 独立行政法人国立健康・栄養研究所研究企画・評価主幹 (座長)
【事務局】
岡島 敦子厚生労働省大臣官房審議官
高橋 直人農林水産省大臣官房審議官
中島 誠 厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室長
姫田 尚 農林水産省消費・安全局消費者情報官

中島生活習慣病対策室長

おはようございます。

定刻より少し早いのですが、お揃いのようでございますので、第4回「フードガイド(仮称)検討会」を始めさせていただきます。

本日は、田中委員が御欠席ということでございまして、代理といたしまして副会長の加藤隆様に御出席いただいております。よろしくお願いいたします。また、中村委員は所用のため、11時半目途で御退席という御連絡をいただいております。

なお、農林水産省の高橋審議官は国会業務がございまして、遅れてお越しになるということとなっておりますので、御了承いただければと思っております。

初めに配布資料の確認をさせていただければと思います。

まず本日の座席表、議事次第、本日各委員の先生方に御発表いただく資料の一式が資料1でございます。

資料2といたしまして農林水産省の戦略(案)。

資料3といたしまして、厚生労働省の資料。

参考の資料といたしまして、パブリック・コメントの募集をさせていただいたところでございますが、その原案と具体的に寄せていただいた御意見が参考1・2ということになっております。

また、参考までに先般4月21日に公表いたしました厚生労働省の平成15年国民健康・栄養調査結果の概要も配布させていただいております。

以上が資料でございますが、不足、落丁等ございましたら、お申出いただければと思います。

それでは、これ以降の進行は吉池座長によろしくお願いいたします。

吉池座長

おはようございます。

それでは、議事に入りたいと思います。本日の議事次第をご覧いただきたいと思いますが、主な論点、議題は「フードガイド(仮称)の普及活用戦略について」ということでございます。

ここにお集まりの委員、農林水産省、厚生労働省の皆様方に、本日は5分から10分程度でそれぞれの活動等についての御発表をお願いしております。質問については発表が終わりましたらまとめて行いたいと思っております。

本日御発表いただく委員は、伊藤俊一委員、伊藤廣幸委員、また田中委員の代理の加藤様、中村委員、服部委員、松谷委員、宮川委員、横田委員でございます。五十音順で進めたいと思いますので、まず伊藤俊一委員から順番に発表をお願いしたいと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。

伊藤(俊)委員

それでは「外食産業におけるフードガイド(仮称)の啓発と普及について」御説明申し上げます。

こちらの画像が背になる方は、お手元にも資料がございますので、そちらを参考に説明をお聞きいただければというふうに思います。

それでは、まず現在ファミリーレストランがどのような形で栄養、熱量、塩分等を表示しているかというところなのですが、まず現在のファミレスの表示の1例ということで、これは私ども株式会社ジョナサンで行っておりますメニューでございますが、まず結構人気商品の1つであります若鶏のみぞれ煮という商品なのですけれども、勿論価格は載っております。

ここの部分がちょっと見にくいので拡大いたします。

ちょっと見にくくございますけれども、一応カロリーが637kcal 、塩分が5.5gということの表示、これは私どもでは塩分を加えましたのは4年ほど前で、そういった形での表示を行っております。現在のファミリーレストランで、これは大体一般的な表示かなというふうに認識しております。

もう一つなのですが、これはカロリー、塩分に加えまして、最近のところでは脂質や食物繊維まで表示をしているという、私どもの中ではどちらかというと積極的に情報を出しているところではないかなというふうにも思っております。

次に、これは私どもが4月21日、つい先日から発売しております一汁六彩膳ということで、1,188 円と決して安くない商品なのですけれども、ここの所で表示、ちょうど右上の部分なのですが、これを拡大しますと次のページになります。

これは、まさにフードガイドで表示の仕方は若干違っていますけれども、いわゆる穀物とか、魚、肉、豆、野菜ということで、これらは重量ベースで出しておりまして、一応その時の食事をする意味でのとり方の一助にしてもらえればいいかなというふうに思って、たまたまこれはちょうどいいタイミングなのですけれども、つい5日ほど前から販売している商品でございます。

次に、今回は3つのターゲットということになっておりまして、その1つといたしまして「男性肥満者に対する普及啓発」といった中で、これは私どものファミレス業界の1社なのですが、タイ風スパイシーチキンライスというのは980 円。これは普通のサイズに対しまして、最近では小ポーションのサイズ、普通のサイズの物が892kcal に対しまして、小ポーションの物は542 kcalということで、少ないサイズの商品も積極的に売っていって、そういった意味ではカロリーをあまり摂取したくない人向けの開発というのも行っていっております。

次に「単身者に対する普及啓発」としまして、単身者ですと、どうしても朝食抜きというケースがありますけれども、これは私どものモーニングメニューで和食中心のページなのですけれども、右上の所でいきますと野菜たっぷりの豚汁とか、そういったものです。

あと、洋食でいきますと、これもどちらかというと生野菜を中心にしまして、価格もできるだけ抑えめ、朝食という性格もございますので、比較的抑えめでドリンクが付いての556 円ですとか、そういったものが主食メニューになっております。

更にもう1つのターゲットであります「子育て世代に対する普及啓発」の中で、お子様メニューというのはどこのファミリーレストランも持っているわけでございますけれども、私どもジョナサンでは、ここのところ栄養素の表示をしております。これもかれこれ4年か5年ほど前からの表示になると記憶しておりますけれども、たんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミンA、ビタミンCです。

これが、表記3つで一応6歳児が一食に対して摂取すれば十分の量というような形での表示というふうに聞いております。

これは「野菜不足の解消策」の1つとしまして、野菜関係の載っているページには、御一緒にどうぞということで野菜を積極的にとっていただこうではないかということもメニュー上に表示しております。これは、まさに野菜不足解消に対する動きかなというふうにも思っております。

そういうことで、現にフードガイドに近いような形の表示もしておりまして、これは本当にそういう意味では国民の健康、消費者の健康を考えると非常に良いことということは、勿論再三私も申し上げているわけでございますけれども、その中で1企業が行うという中でいったら、やはり若干の負担もなくはないという中で、私どもでも年間130 品目ほどの出し入れ、新商品ですが、そういうものがあります。それをすべて表示するための人的負担ですとか、そういったものは若干ネックになってくるのかなと。

また、あとメニュー、商品1品1品にフードガイドのビジュアルを付けるとなると、どうしてもスペースの関係等々で、やはりメニューというのは販売ツールの最大のものであるといったことでいくと、どうしてもそういったフードガイドのビジュアルを掲示する、表示する部分が何となく窮屈になってくるのかなというふうな気もします。

ということで、今考えるところでいきますと、メニュー表4です。裏表紙に、そういうビジュアルを付けて、その下にサービングになってくるのかどうかわかりませんけれども、そういったものの説明というのを全メニューに印刷するということも、これはある程度考えられる対応策の1つかなと。

あとは、店内を使った形でのポスター表示というのですか、そういった形で表示していくこともできるのかなというふうに思っております。

私どもの単体の会社ですけれども、商品開発の人間に聞いて、こういった動きというのを今やっているわけなのだけれどもと言いますと、やはり会社によっては専門的なセクションを持っているところでは、正直言ってそんなに手間暇のかかる話ではないのかなというような意見も言っていますけれども、若干これは1つのチェーンレストランといいましても、やはり組織力とか、そういったもののばらつきがございますので、一様ではないというところでございます。

これが、外食産業における普及啓発の動きということで、報告させていただきました。 以上でございます。

吉池座長

ありがとうございました。

一通り発表をお願いしたいと思いますので、引き続きまして伊藤廣幸委員の方からの御発表をお願いいたします。

伊藤(廣)委員

おはようございます。ローソンの伊藤と申します。今日はフランチャイズチェーン協会コンビニエンス部会を代表いたしまして、私から発表させていただきます。

お手元の資料が「LAWSONフードガイド資材」ということで、6枚の資料を配布させていただいています。

本日はフードガイドの普及啓発の方法として考えられる具体的手法を大きく3つご提案したいと思います。

ここに実際に6品、お弁当関係でどんぶりもののカツ丼と、幕の内系のお好み幕の内、おにぎりでコシヒカリの焼鮭ハラミ、サンドイッチのハムレタスサンド、お惣菜として2品、五目ひじき煮とポテトサラダという、この6品の現物をお持ちしてございます。

この6品に実際にフードガイドの目安となるような表示物を添付するというような形が1つの普及啓発の方法になるかなということで、そのパターンを3つほど用意してございます。それが、Aパターン、Bパターン、Cパターンということで、3枚からになってございます。

Aパターンは、このままカツ丼ということで商品に数字だけを表記したものです。

Bパターンは、絵を表記したものです。

Cパターンは、更にその絵のバージョンを変えたものです。

今、お手元に商品をお配りさせていただきますので、実際にイメージとしてご覧になっていただければと思います。

実際にご覧になっていただきますとよくわかるのですけれども、大きな商品については比較的見やすいというようなことになろうかと思いますけれども、お惣菜のような小さな商品になりますと、商品がほとんど隠れてしまうというような問題がございます。ですから、この辺のことをうまくクリアしていかなければいけないかなと思います。従って、もう1つ別バージョンとして表示の小さいものを御用意しましたので、実際にあとで回っていきます商品を見て、一つひとつを確認していただければと思います。

同じ商品が3つ重なっているかと思いますけれども、全部表示が違っているということでございます。先ほどのAパターン、Bパターン、Cパターン、それからお惣菜関係、おにぎり以下4品については、更に小さい表記ということでイメージを見ていただければと思います。これが1つの普及の方法として、実際に商品にシールを添付するという形で消費者にアピールしていくということになろうかと思います。

次に、これはボードです。第2の普及啓発の方法、お客様に認知させる方法として、お店の店内、お弁当あるいはお惣菜の場所に、こういったものを掲示することが考えられます。このぐらい大きなもので見せていけば、相当インパクトはあるかなと、このように思っております。

又、お手元資料4枚目にショーカードということで出ておりますけれども、こういうスイングポップで訴求するということも考えられます。こういったものです。これは、なぜこういうものを作ったかというと、実は野菜が不足ですねといったような時に、例えばこのようにお好み幕の内プラス五目ひじき煮というようなことで、セットにして野菜をとっていただく、あるいはまた何か不足していれば、それにいろんなことを組み合わせて買っていただくというようなことで、それを多少お値段をお引きしてセットで販売するとか、こんなことも1つの方法として考えられるかなと思っております。

そして第3に、これはサンプルでございますけれども、例えば買い物に来られるお客様にこういう冊子を作って、そして一つひとつ、こういうものを手渡ししていくということで、アピールしていくということも可能であると思っております。

大体、こういう表記で実際にお客様にアピールしていくということが可能かなと、このように考えてございますが、実際にストレートにこれをすぐ実行に移せるかということになりますと、実はかなり高いハードルがございます。

1つはコストの問題、更には、実際に表記をしておりますけれども、カツ丼だったら例えばここに主食グループで2SVという表記をしてございます。実際にその商品が、このぐらいの御飯の量であれば2SVと、こういうような判断を私たちはしております。

そして、また同じく主食で4SVのうち、カツ丼の中にのっている主食で2SVと、表記してございますが、実際のカツ丼でこれだけの量を摂れば主食は2SV分に当たると、私たちは判断し、こういう表記をしているわけですけれども、これが実際に消費者から見た時に、本当にこのSVに該当するのかというような、細かいことになってきた時にクレームになる可能性もないわけではないという懸念もございます。しかし多分、そういう問題を一つひとつクリアしていけば、何らかのこういう表記というのも可能かなと、このように考えてございます。

一番手っ取り早くコンビニエンスストアでアピールできるというのは、先ほどボードでお示しした店内に掲示する方法。これが一番早いと思います。

最後に、現在の栄養・食生活に関する取り組みあるいは、食生活指針の普及啓発に関する取り組み状況についてご説明します。本日はわかりやすく実際の商品を御紹介しますけれども、これはナチュラルローソンといいまして、ローソンの中でも今、全く新しい業態として健康に配慮したお店づくりというものを行ってございます。その中で扱っている商品が、こういう玄米であるとか、そういったものだけを使ったお弁当、これは例えば豆腐ハンバーグ弁当ということで、実際に御飯も普通と全然違います。こういうことで玄米を使ったりして、健康に配慮した商品を開発しているということでございます。

又、さっきの肥満者等々に対するという話になりますと、カロリー表示がございます。このように、全部ここにカロリーを表示しております。実際に商品を見ていただければおわかりになると思いますけれども、そういうふうにして表記をしているということでございます。

以上、簡単でございますけれども、ざっと今、御説明申し上げました。そういった中で、先ほどからご提案申し上げましたように、今のこういうものを組み合わせて訴求していく方法が一番良いのかなと思いますけれども、それには、コストアップの問題を含めて、いろいろな問題をクリアしなければいけませんから、もう少し研究が必要かなと思います。

以上でございます。

吉池座長

ありがとうございます。たくさんの現物を御用意いただき、具体的な例をお示しいただきまして、大変参考になりました。

それでは、引き続きまして田中委員の代理であります加藤様から御発表をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

加藤副会長

全国飲食業生活衛生同業組合連合会の会長と、今まで会議に出席していました専務が所用のため、代理の副会長の加藤でございます。よろしくお願いいたします。

皆様の業界のように具体的なところまでは、我々の団体はなかなか進みませんので、今年の1月号にフードガイドの普及啓発戦略について、機関紙において取り上げております。

この連合会においても、フードガイドの活用及び具体的な施策方法として、フードガイドそのものの普及啓発をしなければならないということで、各都道府県の組合、また支部を通じ、全国加盟県が41都道府県、支部数にして1,300 、約11万人の会員に、この取り上げをお願いし、講師の派遣並びに広報誌及びPRの参考になる資料を用いて、この趣旨の徹底を図りたいということです。

2番目にフードガイドを活用した情報の提供ということで、これにはやはり専門の先生方、特に栄養士の先生方にお願いし、新たに今まで取り組んでおります新メニューの開発や地域にあった地産地消の促進運動、これは長く進めておりますので、このものを通じながら、いわゆる低カロリーの問題の商品開発を進めていくということでございます。

私は群馬県でございますが、群馬県においても、過去3回地産地消に絡みまして、特に群馬はコンニャクの産地でございます。非常にカロリーにおいては格好な材料がございます。そういうものを使って、そういう低カロリー、また高齢者にやさしいようなものを開発し、組合員に普及をしているわけでございます。

特にターゲットとしては、ここの資料にございますように男性の肥満者、特に30~60歳代、一番食事のバランスがとれない層でございます。我々は、どちらかというと飲食は、お客さんのニーズに応えるということで、その中でこの役割をどう果たしていくかというのは、大変難しい要素がございます。

先ほどの例をとりますと、回ってきたカツ丼の中で、群馬においては私の家も豚カツ屋でございました。かつてのカツ丼は、卵とじをしないで、カツを揚げて御飯の上にのっけて、それがおいしいというのが流行した1つの名物でございます。これは、今でも続けているお店がございます。それの下にキャベツをのっけていたりするメニューも出ておりますが、ほとんど栄養素においてはほど遠い商品、これがなかなか売れているのです。行列をなして、単価が安いのでカツを揚げて御飯の上に3つのせる。それで間に合うのです。だけれども、そういう中でどうバランスをとらせるかというのは、これは非常に難しいので、商売の生き方、その他を考えるにおいては、なかなか我々の業界は、それをどう補わせるかということは、我々の戦略としての工夫がなされなければならないということは、十分ございます。

昔は、我々の商品はそこで1食を差し上げると。その他、朝、夜で家庭でもって、そのバランスをとっていただきたいという1つの考え方もあったことは事実ですが、今それは通用しない時代でございますので、できるだけそういうものを工夫して宣伝をしていきたいと思います。

本当に今、どこの県にいきましても地産池消というと、とれる野菜は全国皆同じようなことでございます。どちらかといいますと、そういうものをたくさんメニュー、トッピングとかいろいろな創意工夫はなされておりますが、コンビニと違って、規格のものを全部、11万件あれば全部11万件違う中で、どう折り合いをとっていくかということが非常に大切だと思います。

それには、今年から登録が開始される予定の標準営業約款事業で、その中の一環として栄養メニューのカロリー表示ということを強く打ち出して、その加盟店を今、盛んにPRしているのでございます。こういう何かいい指針があれば、1つ是非積極的にポスターなどを店頭に貼って、お客さんにPRし、またメニューの脇に、良いPR方法を考えていかなければならないのではないかと思います。

それとちょっと話は違いますけれども、これは昨日出たのですが、群馬県で食育ということで幼児向けの絵本でございます。それと、これはカルタでございます。お回ししますので、ご覧いただければ大変ありがたいと思います。これも子どもの頃から、やはり幼児とか、そういうものには非常に県もお金をかけて立派なものを作っておりますが、成人男子の心得というものを、また作ってもムダかなと思うのですが、なかなかそういうところまでお金が回ってこないので苦慮しております。どうぞお回しいただきたいと思います。

そんなことで、急な代理で申し訳ないのですが、できるだけ、特に、飲食店もどちらかというと、深夜遅い飲食店はございますが、早朝の飲食店というのは比較的少ないのではないかと思うので、比較的朝食のモーニングのできる、専門店の飲食店も1つ考えていかなければならないのではないかということで、これから皆さん方の御発表をお聞きして、バランスのとれた、フードガイドに沿った目的が達成されるよう、努力していきたいと思います。

簡単ではございますが、以上をもちまして発表に代えさせていただきます。どうもありがとうございました。

吉池座長

加藤様どうもありがとうございました。

それでは、引き続きまして中村委員から御発表をお願いしたいと思います。

中村委員

「フードガイド(仮称)啓発普及活動」といたしまして、日本栄養士会から発表させていただきます。

日本栄養士会は、5万6千人の栄養士、管理栄養士を抱える我が国最大の社団法人でございます。国際的にもアメリカ栄養士会よりも会員数は多いということで、世界最大の栄養士の団体になっております。

次のページですが、現在私どもは栄養や食生活に関する啓発普及活動を行っております。栄養や食生活に関する指導媒体を「健康増進のしおり」として年間4種、各7万部以上配布しております。

あるいは「健康日本21」のリーフレットとして年間2種から4種、5万から10万部を毎年、作成配布しております。そのサンプルが右方に書いてあるものでございます。

次のページです。

全国で講習会を開催しておりまして、例えば「健康づくり提唱の集い」を全国8から10か所で開催しておりまして、健康づくり米食栄養学術講習会を全国9会場で開催しております。これは、農水省との共催で行っております。

各地で開催されますイベントで栄養相談コーナーを設けて、個人指導や料理教室を開催しております。

あるいは高齢者男性向けの講習会なども開催しております。

全国講習会と同時に、各都道府県が社団法人として独立しておりますので、県単位での主催で行っていることもあります。

次のページです。

ホームページを作っておりまして、日本栄養士会のホームページでございまして、アクセス件数が膨大になっております。

全国35都道府県でもホームページを開設し、情報提供をしております。

私どものキャッチフレーズは、「太るもやせるも食事が基本」ということで、まず食事に困ったら管理栄養士・栄養士に相談しましょうというPR活動を行っております。

次のページですが、その他、電話相談による栄養相談、あるいは地方紙とタイアップした栄養食生活に関する情報提供も行っております。

以上のことを考えまして、次のページですが、今後、栄養や食生活に関する啓発普及活動を行うのに、このフードガイドを用いて行いたいと思っています。機関誌であります『栄養日本』に掲載し、あるいは各種教育、指導用媒体で作成、普及する中に取り入れたり、ホームページに掲載したり、あるいはフードガイドに基づく栄養相談事業の展開を会員に周知し、これをテーマに講習会を開催したいというふうに考えております。 次のページです。

フードサービス業界と連携し、ヘルシーメニュー等の提供にあたりましてフードガイドを取り入れて実施したいというふうに考えます。

あるいは会員が業務遂行にあたり、日常活動の中でフードガイドに基づいた栄養相談・指導を実施したいというふうに思っております。私どもは、個人への指導と集団的な指導、両方を行っておりますので、その中のベースにフードガイドを位置づけたいというふうに考えております。

あるいは会が独自に栄養ケア・ステーションというものを立ち上げようとしております。今、全国で半分ぐらいの都道府県がケア・ステーションを作っているわけでございますが、その中でもフードガイドに基づく栄養相談・指導を実施したいと思っております。

次のページです。

具体的にターゲットを絞った活動計画を考えておりまして、男性の肥満者に対する普及啓発事業でありますが、会員である管理栄養士が各種健診後に境界領域にある人たち、あるいは肥満を既に起こしている人たち、こういう人たちにフードガイドに基づいて栄養・食事指導を行おうと。それを行うために、担当者に対する研修を課すということで、このフードガイドを徹底的に教え込もうというふうに考えております。特に、産業保健の現場である企業とか健康保健組合に所属する会員がいますので、そこの会員を中心に境界領域、あるいは健常者に対してフードガイドを徹底したいと思っております。

次のページです。

単身者に対する普及啓発事業でございますが、御存知のように単身者は食生活が単調になり、外食の機会が増え、いろいろと食生活に問題が起こることがあるわけでありますが、この人たちに対しても、このフードガイドを用いて指導していきたいというふうに考えます。

次のページです。

そして子育て世代に対する普及活動でございまして、近年、将来母親になる若い女性のやせ願望があることから、栄養指導を徹底しなければいけないということが言われていますので、ここにもフードガイドを用いたいというふうに考えています。

次のページです。

これが最後ですが、やはり子どもの頃からフードガイドに親しみを持っていただくことが教育効果を増すのではないかなと思っております。学校の栄養職員、あるいは新しく誕生しました栄養教諭に対してもフードガイドの教育をしたいというふうに考えております。

私どもは、このように専門家であります栄養士、管理栄養士に教育すると同時に、国民に対しても広範囲に普及活動をする。この両面からフードガイドの普及啓発活動に取組みたいと思っております。

以上でございます。

吉池座長

ありがとうございました。

それでは、引き続きまして、服部委員から御発表いただきたいと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。

服部委員

おはようございます。

私は具体的なところまで、実はこの取組みのことに関しましては、今回の中では表現してはいないのですが、教育というのは3つの側面があると思うのです。1つは家庭教育で。
1つは学校教育。1つは社会教育、そして、我々消費者のための教育と、あと生産者の教育というのでしょうか、私も組織、今の栄養士会が取り組んでおられる部分がありますが、社団法人で全国調理師養成施設協会というのがあります。207 校が今、加盟しておりますけれども、その中でガイドブック等を今作って普及活動をしているのですが、その中にわかりやすい部分であるものができ上がれば、このコマ型、それも付け加えていこうというふうに考えています。

どう普及していくかということなのですけれども、結局、学生を通じて社会に出た時に、その者たちがより社会のニーズ、例えば先ほどいろいろ企業の方々が発表されましたけれども、そういったものを理解しやすくさせておく、またはその手助けになるような、そういう観点から物が見られるという、こういう人たちを育てていかなければいけないだろうというのが、学校組織を通じて言えるのではないだろうかなというふうには思っております。

それと、それぞれの立場ではいろいろな表現をされていくと思います。ホームページのお話もございましたけれども、そういった形ですぐにわかりやすいものにしていきたいということだと思うのです。

栄養士、調理師、私は栄養士の役目と調理師の役目というのは、ある部分関連があるところが出てくるのではないかというふうに思いますので、その辺は相互理解がこういうピラミッド等を通じて、わかってくるような持っていき方をやはり行わなければいけないかなというふうに思ってまいりました。

指導者向けのもの、それで指導者はできるだけ早く養成しなければいけないし、その人たちによってやはり物を理解させる相手があることでしょうから、その人たちがわからなくて進んでいると、ただ、マスコミの中には非常に表現が極端なものも出てくると思うのです。そうすると、そのギャップがやはり理解できないということになると一番問題ではないか。今はそういうことが随分多いのです。

そんなことで、私はここにざっと書いたものは、それぞれ皆さんがこれからも取り組まれていくことだろうというふうに思いますので、今日はちょっとその後に資料を出させていただいたのですが、上から数えて3枚目に5本の指があるのですけれども、これは実は手前どもの学校とはこの5本の指に意味があり、この指がフードガイドなのです。例えば、親指が糖質の指で、人さし指が野菜や果物の指等々、こうやって指で覚えさせているのです。そうすると、指をおりながら、すべてがおれるとグーになって、全部摂取したのでグーだよと。良いという意味なのですけれども、チョキぐらいになると、これは危ないというようなことで、指を折れずに全部広げたものはパーというのが一番悪いのだと、このように指で覚えさせて、子どものころからやっていくと、結構指をおりながら覚えてくれたというのがありますので、こういうのに何かまた次の段階に結び付けられないかなと。

その後ろに「地中海ダイエットに見る理想的な食生活」。これはハーバードの方で作成されたのですが、今回作る中で、この脇にあります月に何回とか、週に何回とか、そして脂肪の少ない赤身という、ただ、コマがあるのではなくて、この辺の説明等もこの度のフードガイドには具体的に入れて欲しいと思います。

この資料の一番後ろを見ていただきたいのですが、今朝持ってきたのですけれども、これはアンチ・エージングとアメリカで言いますけれども、抗加齢医学が今、盛んに進んでいますが、一番下のところに、これはフィルターを通した水があるというわけです。今回も水は上の軸の部分になっていますから、これでカバーされていると思うのですが、こういったものを皆さんがそれぞれ検討された上で、今作っているのはわかっているのですけれども、新しくまたアメリカが次の段階のピラミッドを作り始めたのです。ですから、その先を日本が行って欲しいなという夢を私は持っております。 それと寄稿文で、松本さんというのはちょっと私の知り合いなのですけれども、この方はアメリカで相当生活していた人です。これは、改めて委員の先生方はおわかりだと思うのですけれども、なぜフードピラミッドが作られる経緯になったかということが、これに載っておりまして、71ページをご覧いただくと、食事指針ピラミッドというのが実はここにずっと説明がありまして、そして72ページに、これができたのは割と最近なのです。それもグラフィックデザイナーを使って、わかりやすい。しかし、このあとまたいろいろ変わってきておりますので、日本も理想のものに近づけてもらいたい。

今日は戦略的な話をするので、この中身についてまた話すというのは変な話なのですけれども、実はわかりやすいというところが一番だろうと。それで、グッズを作っていただきたい。例えば、携帯グッズであるとか、バッチ、今、私が胸に付けているのは、実は乳がんの予防のものです。これが赤くなりますとエイズになるわけですけれども、色によって好きなようにリボンを作りなさいということになっていますので、実際にこの委員会でも最終的には形は1つ決めてもいいのですけれども、あとは自由に各企業が行ってくださるということになると、普及が早いのではないかと。実は、私もこれを3つほど同じ乳がんのを持っているのですけれども、表現が全部違うのです。ピンクの色だけ同じで、ここにハートが付いていたり、いろいろです。だから、ちょっとおしゃれにいろいろ使い勝手ができるような、そういうものにしていただくと普及は早いだろうと思っています。

ちょっと時間的な問題がありまして、具体的に述べるには難しいなと思っておりまして、ここに書いてあるような取組みを、これから早速現在行われている組織を通じてやっていくことはできるというふうに思っております。

また機会がありましたら、発言させていただこうと思います。ありがとうございました。

吉池座長

どうもありがとうございます。

それでは、引き続きまして松谷委員から御発表をお願いいたします。

松谷委員

私も皆さん方がいろいろ準備されたものを見まして、用意の仕方が足りなかったなと。でも、忙しかったものねなんて思って、自分を今、慰めているところでございます。

私どもは、本当に地域の家庭の生活者の方々が保健所等、今は保健センター等となっておりますけれども、40時間以上の学習を受けて、地域の健康づくりの案内役をしていくというような気持ちでもって、「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに活動をしている人たちです。

ですから、私たちの合い言葉は、先生にはなるまいと、地域の住民と同じ目線の中で、それでお互いが理解し合っている方々に合わせたなら、皆さん方に啓発する。だけれども、私たち食生活改善推進員と言っています。ヘルスメイトとも別名言っておりますけれども、50世帯に一人を目標としておりますけれども、なかなかそこまでいかない。いっている県もございますけれども、いっておりませんで、現在22万人になっております。

本当にもっと増えていっていたのですけれども、町村合併という問題が起こりまして、今ちょっと各町村での活動というものの違いが1本になった時に、なかなかそこら辺が合意できなくて、ちょっと休むというようなのができてきたりなんかして、今、私どもはその辺で力を入れて、できるだけ会員は減らさない、もっと増やしていくべきだという形で努力しているところでございます。

ここに書いてございますのは、そういうことで現在地域における健康づくり活動の取組みというのは、どこまでも私たちは厚生労働省から出てきたいろいろな流れと、地域の住人、臨床関係から出てきているものと、それからやはり教育委員会、文部科学省のと、あらゆる言葉が出てきたものをミックスしながら地域に合う方法を取り上げながら、頑張っているところです。

主な活動というのが、今へルスサポーター21事業というもの、これは厚生労働省からもある程度助成いただきながら行っているところですけれども、ヘルスサポーターの会の組織化ということで、今、努力しております。

ヘルスサポーターというのは、何かと言いましたら、私たち食生活改善推進員は全部女性なのです。家庭の女性なのですけれども、男性の方々も含めて中学以上の人たちが自分の食生活、自分の健康状態、そういうものをちゃんと自分で見極めて、私はどうなっていなければならないのだということを自分でちゃんといろいろとチェックしながら、そして自分はこうありたいということを言って、そうあるためには私は生活の中で何を実践していったらいいかと。そういうような形をやりながら、私を主語に置きながら、実践活動をする。男女を問わないそういう人たちが、今100 万人を超えましたけれども、食生活改善推進員の周辺にいるわけなのです。その人たちも、また会を作って、そして食生活改善推進員と一緒に頑張って活動していこうと。

食生活の問題というのは、これは本当に文化として身についているものですから変えるということは非常に難しいことです。ですから、常に集まって、そして話し合って、そしてできなかったらできないなりでみんなの前で話し合いながら、それをできるように行動した人たちがあれば、その人たちから話しも聞き、いや難しいのだから、また頑張ろうよというような調子で、皆さん方の習慣化にまで変えていくという活動を、そういうへルスサポーターの会を通して、推進員と一緒に今行っております。

そういうことで、どこまでも私たちは実践者の集団ですから、その対象に合わせたことをやっている。先ほど群馬県のお話をいろいろ聞かせていただいて、そうだよなと私思っていたのですが、群馬県の食生活改善推進協議会は、皆さん方の食育ボランティア、あれはもう大体うちの協議会の人たちが圧倒的に多いわけなのです。それは、群馬県の農林の方の方々が全県下のいろいろな組織、動いている人たちを調べてみたら、この人たちが一番実践している人たちだということから、そういうような形でうちの推進員たちが、非常にボランティアを今やっているようなことで、私ども地域の住民として、いろいろな視点で、いろいろな活動をやっている。

ここに書いてあります2番目は食育推進事業、親子の食育教室、子どものためのよい食生活の普及活動、昭和56年から行っています。今の食育の考え方を呼びかける、食べられる幸せをと、食べるということはどういうことか、そしていろいろと今の食育の考え方は56年からございました。

3番目の生活習慣病の予防事業というので、薄味の食事習慣のここは定着化、骨粗鬆症の予防のための活動、これももう骨粗鬆症は55年から行ってまいりました。運動習慣の定着化の問題です。

老人保健事業の推進。こんなのはもう飛ばさせていただきましょう。

よい食生活を進めるための普及講習会。牛乳・乳製品が日本人の食文化の中に無いということで、これは昭和34年から行ってまいりまして、当時は牛乳が全国に無い時代で、スキムミルクを普及するという形で、ずっと行ってまいりまして、今でもこれを続けております。食卓コンクールなども行って、牛乳・乳製品が日本の家庭の食卓の中にできるだけ料理として入っていくことを考えようという形で、こういうコンクールも行っています。 「健康日本21」全国大会への参画がありますけれども、こういういろいろとまだまだあるのですけれども、主な活動をこういうふうに入れました。

こういうものを集計いたしますと、全国のみんなが活動記録帳を持っておりますから、500 数十万回、言ってしまえば2,500 万人くらいの人たちに影響を及ぼしていることが私どもの活動の、皆さん方の推進手帳の集計でもって表れてきております。

ここではフードガイドの問題ですから、活用と具体的方法ということで書いてありますけれども、私たちはこの指針は皆さん方に厚生労働省の御意向で、これは全国に配っておりますけれども、食生活指針の普及啓発に努めているけれども、先に発表した食生活ビジュアルチャート(フードガイド)は当協会としては使っておりません。

しかし、食生活の教育のテキストや何かの後ろのところにそっと入れてありますけれども、私たちはこれを使っておりません。いちいちここに書いてありますように活動は具体的、かつ数量を挙げて啓発を行っている。理解力に乏しい人や食生活に余り関心を示さない男性等は、健康づくりのための食生活指針にある多様な食品で栄養バランスを、これは5つの項目でした前の食生活指針なのですけれども、そこで示されたように多様な食品で栄養バランス。1日30食品を目標に。主食、主菜、副菜をそろえて使って、実物を提示しながら普及活動を行っております。

今日、資料を持ってこなかったのですけれども、6つの基礎食品の中から、例えば穀類を中心とした1なら1のところには何種類とるか、それから2はそういう何種類何種類という形で数値も入れながら、6つの基礎食品を表しております。

6つの基礎食品は昭和33年から、本当に厚生労働省と私どもが参画しながら、これが出ました。

1日30食品は昭和60年から、これも指針の中から出てきたもので、私たちはこれがわかりやすいので、これを今のところ使っております。

これからフードガイドは数量的にはっきりしたもので表示される方が良いのではないかと考えているということは、対象とそういう人たちにバランスとか、こういうような形だけよりも、やはり先ほどおっしゃっていらしたように、大体どのぐらいの種類をという形、多様な食品で栄養バランスをという形で考えた時に、やはり数字的なものが無いと評価しにくいし、わかりにくいということで、こういうことを私どもはこれからできたらいいなということを思って、ただ、その時は今までの厚生労働省から6つの基礎食品はもうやめろという通知が1つ出れば、私たちはもうそれに全部集中して行ってまいりたいと思いますけれども、今のところは6つの基礎食品だけまだ消えておりませんし、そういうようなことから考えまして、やはり私どもは、その辺にまた長いこと行ってきましたから、それを使っている状態でございます。

今度は4番目にございますのは、これから誰にどうするかという時に、私どもはいつも活動する時は、先ほど教育媒体とおっしゃいましたけれども、教育媒体につきましては、もう本当に常にそれが無いとどうにも皆様方の行動の変容ということがしにくいので、例えば食塩が一律10g を目標にといっているけれども、私たちは体の中の側面のいろいろなことの難しいことはできないけれども、みそ汁やらお汁物を通して、舌で塩分の1%はどのぐらいなのかということをわかるようにしていきたいということで、減塩テープをもう20年ぐらい前から作っておりまして、それを食生活協会というところで作りまして、減塩テープでみそ汁の味をちゃんと見るというやり方で、塩分の舌を基準にしていくということで、塩分に対しては減塩テープを、適正体重というところでは皆さん方にbMIの計算尺を全部配っておりまして、そしてそれぞれが自分のほぼ適正体重を量ると同時に家族に、そして地域に広げていってくださいという形で、そういうことをやっておりますし、運動関係のもの、そういう教材が非常に要ると思っています。

ここに書いてありましたように、媒体として日常生活やフードガイドをこれからの媒体として使っていくということについては、そういうことがわかりやすければ是非男性の肥満者に対して行っていただきたいと思います。

単身者に対するところの普及活動・推進は既に行っておりますけれども、これから先はメニューの偏り等がございましたら、こうしたいと。

子育て世代に対する普及啓発活動も、これは今も行っておりますけれども、ヤングママさんたちの食事の悩みを聞く機会が多い食生活改善推進員が、わかりやすいように、これをできれば使っていきたいと思っております。

そして、すべてをこれに集約できるような資料が皆さん方のお知恵と、御努力で出てくることを、期待して、では私の話しを終わらさせていただきます。

吉池座長

松谷委員、どうもありがとうございました。

それでは、次は宮川委員となります。宮川委員からは多くの資料をいただいておりますので、少しじっくりと御説明をいただけたらと思っております。

よろしくお願いいたします。

宮川委員

それでは、こちらの方をちょっとご覧いただきたいと思います。

まず説明に先立ちまして、ちょっとお断りでございますが、今回の発表内容につきましては、私が所属しております団体の、特にオーソライズ等もまだできておりませんので、私見ということでお聞きいただきたいかなというのが1点でございます。

2点目でございますけれども、この中に入っております画像の中に尾坂委員の方からちょっと拝借しております商標もございますので、会議が終わりましたら、回収させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

それでは早速始めさせていただきます。

まず、内容のレジメなのですけれども、3点今日はお話ししたいと思います。

1点は、一般社会現象というのをもう一回ちょっとおさらいしてみようというものでございます。

2点目は、業界の現状ということで、いろいろな取組みがあるのですけれども、その辺のちょっと御紹介を一部させていただくと。

3点目は、今日の主題でございますけれども、では、具体的にどうするのだというところで、課題も含めまして触れさせていただきたいというふうに思っております。

まず事象マル1でございます。

この辺は、皆様、先生方はよく御存じなので改めて言うこともないのですけれども、いろいろな現象があるわけですけれども、長寿県であります沖縄の平均寿命が全国で26位に落ちたというふうな現象であるとか、栄養素はいろいろありますけれども、炭水化物が急速に落ちてきていまして、逆に脂肪分が上がってきたと。これはグラフで見えるのですけれども、こういう現象でございます。

とりまとめまして、このページで言いたいのは、基本的には主食、御飯を中心にした日本食が一番バランスのとれた、三度の食事をバランスよくとることが非常に大事だというふうな内容でございます。

次のページは、消費者心理と。一般の生活者たちの心理状態をちょっとまとめてございます。

漠然とやはり食品の表示、特に食の安全については非常に興味があるというデータでございまして、特に添加物だとか、最近の話題では狂牛病のBSE問題とか、この辺は非常に興味が高いという傾向でございます。

健康食品の代表みたいな形で、有機食品というのはよく聞くのですけれども、皆さん聞いたことはあるけれども、正確にその内容をあまり御存知ないということで、通常の商品よりも当然高いわけでございまして、この辺が認知度もなかなか進まないという原因だと。 日米比較というデータがございましたので、ちょっと拾ってきたのですけれども、野菜の消費量です。これは赤が日本なのですけれども、グリーンが米国ということで逆転しております。

ということで、「5 A DAY」とか、こういうアメリカでの取組み事例もあるのですけれども、マスメディア等を使って、非常に地道に取り組んでいらっしゃって、91年度では8%ぐらいの「5 A DAY」の取組みが7年ぐらいを経過しまして、39%認識が上がっているというふうなデータでございます。マスメディアの宣伝効果は非常に大きかったというふうなことも言われております。

ジャンクフードとかというような話もあるのですけども、アメリカの食生活の中でシリアル食品を使って朝食をされると。この中に穀類が入っているというようなことで、その辺の食生活の変化などとも影響しているかなということでございます。

全般的に消費者の関心というのは、やはり健康食品に対しては非常に強いなということでございまして、その証拠としていろいろデータがあるのですけれども、健康食品を使ったことがあるという問いに対して43%、これは半分近くの方がやはり使ったことがあると。

栄養素の中で興味を持っている栄養素、これは順番があるのですけれども、ビタミンというのを筆頭にして、それぞれ興味を持っていらっしゃいまして、その辺の知識はどこから得ていますかというのですけれども、やはりマスメディア、特にテレビが群を抜いて高いというふうな傾向が見てとれます。

ということで、以下栄養食品の補助食品、サプリメントであるとか、こういうようなものは、非常に興味を持たれています。

消費もこういう健康に関したアミノ酸だとか、こういう飲料は非常に伸びています。こういう傾向が出ております。

国が指定しています特定保健用食品、この辺も非常に伸びていまして、例えば油です。エコナというのがあるのですけれども、これは一般の油と大体価格が4倍から5倍しているという形なのですけれども、非常にヒットしています。特定保健用食品というのは、5年間で約4倍ぐらいに伸びています。

一方、女性を中心に我々もそうですけれども、ダイエット市場というのは非常に伸びていまして、結論は下に書いてありますけれども、1兆7,000 億のマーケットになっているということで、非常に興味を持たれています。

美容と健康というところで、いろいろな事象があるのですけれども、一番極端なのはヨガブームでしょうか。海外のセレブと書いてありますけれども、要は、女優のメグ・ライアンとか、この間の「Shall we dance?」のJ・ロペスとか、ジュリア・ロバーツと、こういう方々がヨガを行っていらっしゃるということで、これはちょっと小さいのですけれども、ルイビトンのヨガのマット、こういったものも出ています。

ということで、全般的にやはりダイエット、美容というのは非常にマーケットとして魅力もありますし、皆さん興味を持っていらっしゃるということでございます。

我々の課題の1つでございますビジネスマンの食事情というのは、どうなっているのかということでございます。

昼御飯が1日の食事の中で一番まともな時間に食べている食事というふうな欄もあるのですけれども、特にグラフを見ますと、これは赤い線が女性なのです。何をポイントにして選んでいますかと。黒の■が男性なのですが、女性はやはり健康に配慮されていまして、できるだけ野菜をとるようにしていると。高いのです。男性は、大体フラットなのですけれども、強いて言えばおいしさが大事だということでございます。

三度の食事のところで非常に問題になっているのは、朝食なのですけれども、朝食で最近はとられないという方がかなり増えているのですけれども、朝食の中で何が問題なのですかと聞きますと、やはり時間が無いとか、作るのが面倒だというふうなのがポイントになっています。三食バランス良く食べるというのは大事なのですけれども、朝食はそういう実態だということでございます。

非常に細かく、見づらくて申し訳ないのですけれども、いろいろなこういう事象を積み上げていくとどういうことが言えるかというと、やはり栄養を補給することへの関心が高いというのは、共通項でございます。

だけれども、何がどのようにいいのかがちょっとわかりづらい。

生活者が情報過多の中で、健康に対する行為、これがなかなか行いづらいというふうなことでございまして、結論としましては、体は自分でコントロールする必要があるし、栄養の良い食事をとること、これはやはり啓蒙しなければいけないと。

生活者の健康に対する意識は高いのですけれども、やはり正確な情報を伝えることが大事ですというふうなことでございまして、結論としましては、改めてやはりフードガイドというのは生活者にとって非常に有効でありますし、また浸透すること、これをしていくことによって食生活の改善、これを促すきっかけになるだろうということでございます。

大きな2点目でございますけれども、現在の業界の現状、どんなことを行っていますかということなのですけれども、これは新聞などから拾っているのですけれども、1つがファミリーレストラン等で先ほどありました朝食をビジネスチャンスとして逆にとらえていこうというふうな動き。

少な目がちょうど良いとかありますけれども、スモールポーションです。この辺の取組み。

コンビニとか惣菜店で活発に行っていらっしゃいますけれども、ホームページを使って、その辺の情報を積極的に流していこうというふうなこと。

例えば、B社のホームページを開きますと、お子様向けのこういうピラミッドキッズというのが、12歳ぐらいまでの子どもの好ましい食事バランスというふうなものを紹介しております。

各社いろいろ取組みをやっております。

更に、展開状況というところでまとめているのですけれども、例えば小売の店頭で今、表示している内容は大きく2つあると思うのです。

1つはコンプライアンス関係ということで、これはJAS法だとか、食品衛生法で、いわゆる法的に表示することが義務づけられている内容でございます。

新しくは、トレーサビリティーということで国産の牛肉の固体識別番号検索。これはホームページなどで行っているのですけれども、こういったことも表示しなさいということでございます。

それを更に、各社が自主的にいろいろなさらなる情報をということで提案いたしております。

例えば、水産の魚ですと水揚げした港だとか、船籍、どこの船籍の船でとりましたかとか、天然とか養殖とか、こういう表示だとか、生産者の表示ということで、最近皆さんもご覧になったことがあると思いますけれども、農家のお父さん、お母さんの写真が載っていると。私たちが作りましたということでございますけれども、こういう表示もやっております。

強いては、下に具体的にこういう各社がやっているビジュアルなのですけれども、お客様が健康に対して興味を持たれているという認識は共通でございます。それぞれ小売のお店の方で、そういった付加価値を表したものを各社が独自に、付加価値として表示をしてますということでございます。

例えば、よくスーパーなどの店頭で皆さんご覧になると思うのですけれども、例えば、これはレシピなのですけれども、従来店頭でポンというふうな形で置いているのですけれども、例えば買い物の後についでにお持ち帰りになるとかというふうなケースもございまして、なかなか実際の購買につながってこないというふうなことがあったのですけれども、たまたまこれは当社の例なのですけれども、こういう売り場の方に食材を使ってどんな料理ができるか、商品の近くにこれを使うとこんなおいしい料理がということで表示しているわけです。

こういう店頭から売り場のコーナー、単品の売っている所とかをお客様の利用しやすいような時系列的なプロモーションといいますか、こういうふうな仕掛けというのを考えてございます。

こういう形で行いましたところ、実は私の事例なのですけれども、このレシピをお持ち帰りになるのが約3倍ぐらい伸びてしまったのです。というふうなことも行っています。

このレシピの中に当然でございますけれども、アレルゲン表示だとか、主要栄養素の表示だとか、カロリー表示なども記載いたしております。

次に、第3点でございますけれども、こういうふうな状況の中でフードガイドの展開の方向性です。

すみません、ちょっと画像データが1枚抜けていまして、ちょっと説明を戻ります。皆様のお手元の資料にございます1ページ戻っていただいて、売り場情報の展開の現状というカラーのページがあるのです。売り場の表示だとか、店頭の入り口の状況を書いてありますけれども、要は、ここで言いたいことは何かというと、実は情報があふれていますと。店頭でポスターがあって、掲示ボードもはっているし、実はお惣菜のコーナーでも、このようにいろいろな情報が入っていて、先ほどちょっと具体的なものを見せていただきましたけれども、例えばパッケージもシールがいろいろ貼ってあって、勿論コンプライアンス関係の表示もあるのですけれども、逆にお客様が一番興味のあるおいしいかなといった時に、シールが張りついていて中身が見えないのです。自分の好きなものが何個入っているのかなというお客様もいらっしゃると思うのですけれども、見えないのです。

というふうなこともありますし、実は小売も多様でございまして、個人商店から小規模チェーン、ナショナルチェーンと言われたような大規模なチェーン展開をされているお店までいろいろな規模があって、しかもどんな売り方、どんな什器、ばらつきが非常にあるという中で、どうやって表示していくかと。

何よりも、従業員の業務負担というのが1つのポイントでございまして、やはり生産性というのが大きなネックなのですけれども、新たな負荷がフードガイドの方法によってはかかるというふうな懸念もあるということでございます。

ちょっと時間が経過して申し訳ないのですけれども、問題点がいろいろとあると思います。独自で行っている今の取組み、これを統一できるか。

それから今いろいろ氾濫しているものが、これが更に氾濫してしまうのではないか。

各企業の表示基準は異なっているけれども、これは統一できるのか。

従業員の負荷です。

こういった現実レベルのいろいろな問題、これを解決していかないと、非常に浸透させていくということは、極論を言うと不可能ではないのかなと。

ついてはそれを可能にするための対策として、どんなことがあるかなということで、マル1、マル2、マル3、マル4と4つございます。

1つは、やはり広報活動が非常に大事だなと。アメリカの例もありますけれども、広報活動は非常に大事です。

わかりやすい表示をしなければいけない。これは議論のとおりでございます。

実際に表示する側が、取組みやすい環境かどうかということです。

当然賛同していただいて、各いろいろなお店、いろいろな会社が参加していただくというふうなことが前提となって、そういう条件がそろった時に初めて可能なのではないかなということでございます。

ちょっと先へ進みますが、こういったいろいろな事象の中で、我々が今ターゲットとしています、例えば30代のビジネスマン、単身者、子どもとかといった方々に啓蒙していく時に、実はいろいろな影響を与える人がいるわけです。奥様であったりとか、マス情報であるとか、実際の店頭の表示だとか、いろいろあると思うのですけれども、こういったものをにらんだ中で、具体的な広報活動の方向性を検討しなければいけませんということでございます。

極端なことを言いますと、例えばお子様であればキャラクターを利用していったらどうかと。バランスマンなんてふざけているようなわけですけれども、例えばこういうキャラクターがいて、生活習慣病のキャラクター、悪者でございますけれども、こういったものの格闘などがあっても面白いのかなと。

やはり先ほど言いましたけれども、マスメディアの告知、これは非常に大事です。フードガイドブックも出版されるというお話を聞いていますけれども、これをどう浸透させていくか、これは戦略として非常に重要です。

学校教育です。これは、子どもから逆に親へというふうな、こういう流れも非常に効果的だと思います。

当たり前でございますけれども、公共施設でできるだけお客さん、いろいろな一般の生活者の方の目に触れるような形で、フードガイドというのを広めていく、こういう意識づけが大事です。

当然、我々の店頭でも表示していくのだというふうなことで、広報活動は非常に重要だなと思います。

2点目のわかりやすい表示の例でございます。

やはり定量的に面積で表現するのが一番わかりやすいだろうと。結論と言えば、これが非常に使えるのではないかということでございます。こういったコマで量的に表現したいなということでございます。

他にも表示の方法はいろいろあるわけですけれども、一般的にはPOPなのです。しかしながら、POPというのは非常にサイズが小さいものですから、いろいろな情報が入っている中に、更にこれを加えるというのは、現実問題としては非常に課題が多いのです。

例えば、POPというのは、今システムなのですけれども、コンピュータを使ってPOPの中にレイアウトというのがありまして、どこに何を表示するかというのがもう決まっていますので、新たに表示するためには、スペースをどう割愛するかというふうなことであるとか、先ほど御提案ありましたようにシールを使うのですけれども、いろいろどうやって誰がはるのとか、実際のお惣菜の中身が見えなくなってしまうのではないのとか、いろいろ問題があります。

いろいろございまして、ここのマル2でちょっと大きく書いてございますけれども、要は、実際に表示する側があまり作業負担にならないというのが浸透を図る上でも非常に大きなポイントになろうかと思います。1個1個の商品に付けても、非常にエンドレスな作業になりますので、売れたらまた次の商品にはらなければいけない。

いろいろな種類の食材がございます。お弁当もいろいろな種類がありますので、POPをどうやって制作するかという過程のプロセスの問題の中で非常に負荷がかかってしまうというふうな、いろいろなデメリットがありますので、何が一番方法としていいのだろうかというふうに考えまして、例えばこういった道具を売り場の方で、ちょっと小さいので申し訳ないのですけれども、こういう道具を使って、表示する量が圧倒的に変わるとか、出し入れすることによってボリュームが変わって表示ができるとか、これを行うと何回も多重利用ができますし、どんなお弁当、お惣菜にも汎用性があります。機動性がある。繰り返し使えますので、省資源、経済性が高いというふうなことで、例えばこれは1つの案ですけれども、こういった道具を使って店頭の表示がしやすくなると。負荷がかからないというふうな、こういうツールが有効なのではないかなというふうに思っております。

こういったところでいろいろな道具のメリット、デメリットがございますので、この辺もよく検討して、実際の展開については実験して、検討していったらいいというふうに思います。

こういった道具の中で、具体的に取組みやすい環境として、例えばPOPですけれども、ネットのウェブサイトでダウンロードをしたらどこの会社も同じような表示ができるという仕組みもあろうかと思います。ただし、商標の絡みもありますし、第三者の問題でセキュリティーをどうするか、認証するのかとか、こういうちょっと運営上課題もあろうかというのが1点です。

例えて言いますと、先ほど私が示させていただいた道具を用意した時に、例えば各社から発注をして、それを承って資材センターが各社に送るというふうな、そういう組織的なフォローも考えられるかなということでございます。

最後になりますけれども、参加企業の拡大をどう図るかというところの戦略でございますけれども、最近の傾向としてISOの認証を取られる企業が非常に多くなっています。 個人情報保護法のプライバシーマークとか、こういう認定、認証というのが非常に1つのポイントになっておりますので、フードガイドもこういった消費者のニーズを高めていくという仕掛けと、これの広報活動が必要だということでございますけれども、一方では企業がどんどん認定してくださいと。当然、消費者が求めればサービス企業としては、それを提供せざるを得ないというような、そういう理論もございますけれども、認証制度を作ることによって浸透が非常に各社前向きに取り組むことができて、お客様のサービスという視点からこぞって、こういった参加をしていただけるような流れになろうかなというふうに思いますので、こういった仕掛けも一方では必要があるのではないかなというふうに思っております。

以上でございますけれども、こういった内容で今後検討していくのはいかがかなということで、提案させていただきます。

以上でございます。

吉池座長

どうもありがとうございます。大変広範囲、具体的な戦略の御提案ありがとうございました。

それでは、次に横田委員の方から御発表をお願いいたします。よろしくお願いいたします。

横田委員

こちらとしては前もって資料とか、そういうものを用意してございませんので、あくまで消費者の立場としての意見を発表して欲しいということなので、私たちに何ができるかということを今回ちょっと考えてみたいと思います。

消費者団体としての戦略というものは、特にはございませんで、私たちの立場としては今回こういう会に参加させていただきましたことをどうやって消費者に普及していくかということが、第1の問題点だと思います。

具体的に申しますれば、我々が発行しております機関紙に掲載するとか、ホームページに掲載、そのほか毎月消費者大学という講座を開催しておりまして、これは消費者の教育、啓発運動なのですが、そういうところへ取り上げていくということも考えております。

ただ、一番初めにも申しましたように今まで私たちが直面していない問題でありまして、なかなか我々の年代にとってはなじみにくいのですが、これからの世代に対しての教育ということではある程度参加させていただきたいと思っております。

先ほどいろいろサンプルを見せていただいたのですけれども、実際にここまでしなければいけないのかというのが私たちの本当の気持ちなのです。そうしなくてはならない事態で、こういう検討会ができたということはわかるのですが、果たしてあれだけの表示を見てくれるかなというのがまず第1に感じたことでした。

だから、私たちの役目としては、つまり見る気にさせるように、関心を持つような、そういう教育とか活動を実践していきたいなというのがまず第1に感じました。あれだけのものを一生懸命、手間をかけて、お金をかけて作っても、見る気がなければまたそのまま捨てられてしまうというのが現状だと思います。いろいろな戦略を考えますが、それ以前にまずああいうものを見る気にさせる、関心を持たせるという、そういうことのために私たちは少し努力していかなくてはと思っております。

それには消費者団体の連携ということも必要かなと感じております。ただ、消費者団体の場合は、もう本当に広く浅くいろいろなことを行っておりますので、これもかなり絞って連携を深めて行っていかないと、なかなか関心を持たせるというところまでいかないのではないかなというのが、私の感じなのです。

ターゲットの問題で子育て世代も入っておりますが、私たちの年代の会員にとっては子を育てた世代、これがすごく多いわけです。それで、私の次男も実は単身で別に住んでいるわけですけれども、やはりちょっと現在肥満が気にかかっている。私もここの会でいただいた資料をコピーして見せるように努力しております。そういうふうに子育ての世代をねらうだけではなくて、それより更に上の肥満対象の人を育てた世代、そこのところもやはり重要なターゲットかなというふうに感じておりますので、そういう面で努力していきたいと思っております。

消費者団体としては、戦略とかそういうことはあまり目標は無いのですが、できる範囲でお手伝いしていきたいなと思っているのが現状で、そういうことでこれからも努力していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

吉池座長

どうもありがとうございました。

これで各委員からの御発表は一通りすんだわけでございますが、引き続き行政における普及活用戦略について、まず農林水産省からよろしくお願いいたします。

姫田消費・安全局消費者情報官

お手元の1枚紙の資料、資料2というものに基づいて御説明いたします。

まず私ども農林水産省におきましては、食料・農業・農村基本計画を今年の3月25日にとりまとめました。その中で「食生活指針を具体的な行動に結び付けるものとして適正な食事の摂取量を分かりやすく示したフードガイド(仮称)を策定するとともに、これを消費者が日々の食料を購入・消費する小売店・外食の場などで活用し、分かりやすく実践的な食育の取組を国民的運動として展開していく」というふうなことが位置づけられております。 こういうことに基づいて、まず現在行っていることを中心に普及編ということでとりまとめました。

まずメディアを活用した情報発信ということでございますが、しっかりとした情報を提供しないといけないということでございます。いわゆるスポット広告とか、そういうことではなかなかしっかりとした内容にならないということもございますので、テレビの放送の中でどうやって情報発信できるかと。そして、新聞と違って比較的時間をかけて読んでいただけるような雑誌広告、特にこれはターゲットを絞って、例えばいわゆる子育て層の女性がゆっくり読まれるような雑誌広告などを通じて、全国へ情報発信をしていこうと。

そして、専用ホームページの設置。

また、これは私どもだけで使えるというものではございませんが、政府全体でのテレビ番組の提供や新聞を使った広報がありますので、それらを活用する。あるいは、各省の広報室などを活用して、政府広報を活用していこうということを考えています。

さらにシンポジウムとかフェアとか、各種イベントを活用していくほか、資材の活用として、パンフレット、ポスター、チェックシートというようなものを作成していくと。

そして、先ほど服部先生のお話にもありましたように、携帯ストラップとか塗り絵とか一般に親しみやすいグッズを作って配布してはどうかということ。

そして、勿論私ども国だけではなくて、地方公共団体などの行政機関がしっかりとこれに基づいて行っていただくと。食育基本法が成立することになれば、地方自治体の責務というのもございますし、そういう公共団体がしっかり行っていただくということが重要になってくると思います。

そして、食品事業者団体などが、いわゆる消費拡大を行っているものに対して、消費拡大だけではなくて、しっかりとフードガイドのパンフレット等の掲載を行っていただくということで、広くフードガイドそのものを皆さんに知っていただくということが重要になってきます。

一方、フードガイドのもう1つの目的ということで、フードチェーンの中で、どう活用していただくかということがあります。

先ほどから食品産業の方々からいろいろとお話がありましたが、やはり産業にとってメリットがないと意味がないだろうと考えています。それが売り上げの増加につながる、あるいはそれぞれフードガイドに積極的に取り組んだ企業のイメージがアップする、それが結果論としては売り上げ増につながるということ。そういうことが経済も活性化していきますし、そういうメリット構造をしっかりと作っていくことが必要になります。

その前に、いわゆる具体的な小売店での活用の促進ということで、これは現在行っていることでもございますが、モデル店舗での実証研究の実施、この結果を踏まえて、活用マニュアルを作っていこうということを考えております。

そして、外食店での活用の促進ということで、外食店においてもかなりいろいろと提案いただきましたけれども、活用マニュアルを作成して具体的にいろいろな所で活用していただけるようにすると。

そういう小売店とか外食店、あるいは食品産業も包装への掲載というふうなことをしていただけるようお願いするということです。

こういう食品産業の中で、具体的に行っていただいた中で、やはり優良事例を高く評価して、それらを産業全体に広めていくということが重要になってくると思います。

そういうこともしながら、食品選択の場面で実際に消費者の方々に見ていただくと。それがフードガイドを一番活用できるポイントだろうと考えております。

簡単でございますが、以上でございます。

吉池座長

続きまして、

厚生労働省からよろしくお願いいたします。

中島生活習慣病対策室長

私どもの方からは、資料3を御用意させていただいております。

この場をお借りしまして、フードガイドの活用方策の前に、先般関係審議会の方で説明、御了承いただいた生活習慣病対策の総合的な推進ということで、我が省としての基本的考え方を簡単に説明させていただいて、その中でフードガイドといったものがこういう形で位置づけられ、期待しているのだという形でお話を申し上げればと思っております。

1枚めくっていただきまして、1ページでございます。

生活習慣病対策の総合的な推進についてということで先般の地域保健健康増進栄養部会で説明した資料でございます。

左の欄の一番下でございまして、私どもの省は、今後、総合的な生活習慣病対策の実施というものを省を挙げて進めていきたいと思っておりまして、基本的には短期的にはすぐ効果が上がるというものではございませんけれども、国民の方々が健康に生活していただく、更には年々増大する医療費の適正化といったものに資するという観点から、積極的に施策を講じていきたいと。

例えば右の欄でございますけれども、肥満の方の疾病保有状況等を見ますと、ここに書いてございますように、肥満という方の約八割が何らかの疾患を有しておられるということでございまして、とりわけ肥満といったものを徹底して抑制していくということが重要だと思っております。

2ページでございます。

生活習慣病といいますのは、一番上の行でございますが、基本的には不適切な食生活、運動不足、更には喫煙といったことで起こる病気でございます。

今後の生活習慣病対策につきましては、一番下のところでございますが、不健康な生活習慣から具体的に生活習慣病として発症する間の、いわゆる境界領域、健診等で危ないとされるまでの領域を徹底して啓発、更には健診、事後指導をしていくということによって、生活習慣病の発症を抑えたいと思っているわけでございます。 3ページでございます。

そういう中で国民の方々に基本的に御理解いただきたい、更には医療関係者の方にも御理解いただきたいのは、生活習慣病というのは薬ではないと。基本的には運動なり、健全な食生活によって発症が予防できるという知識を徹底して普及していきたいと思っているわけでございます。

高血糖、高血圧、高脂血等のそれぞれの症状というのは、メタボリックシンドロームという1つの代謝異常の症候群から生ずる幾つかの山の1つにすぎないわけでございまして、服薬によってこれを抑えるにしても、その1つずつの山を削るに過ぎないわけで、最終的には氷山全体を縮小させていく必要がある。それは薬では困難でありまして、普段からの生活習慣といったものが大変重要だということでございます。

4ページでございます。

そういう意味では、一番上に書いてございますけれども、特に肥満については運動不足といったことが指摘されますので、まずはしっかり運動をしていただく。そして、それと並ぶほどの重要なものとしての健全な食生活。そして、しっかりたばこをやめていただいて、最後の最後に初めて薬だという形での対策を講じていきたいと思っているわけでございます。

右の欄のアメリカにおける疫学データでも、治療薬の投与よりも生活習慣の改善の方が糖尿病発症抑制効果があるというデータも出ているところでございます。

そういうことから一番下でございますけれども、柱として2本、1つが国民全体の意識向上、雰囲気づくりをしていくということで、健全な生活習慣というものを身につけていただくために、正しい知識を普及啓発していく。そして、健康づくりの環境整備をしていくということが大変重要だと思っております。

それとともに右の方でございますけれども、有病者・予備群への支援ということで、いわゆる健診及び健診後の事後指導の体制といったものをきちんと整備をしていくということが重要かと思っております。

そういう意味では、このフードガイドといいますのは、健康づくりの国民運動、更には健診後の事後指導における食生活・栄養指導において、大変有力なツールになると思っているところでございます。

参考までに今日お配りしております一番下の資料、平成15年国民健康・栄養調査結果というものがございますが、1ページめくっていただきますとトピックスということで、参考の紙を1枚、2枚目に入れさせていただいております。

簡単に説明しますと、結局平成15年の単年の調査結果だけなので、経年的なものも見なければいけないわけですが、やはり20歳代の女性と30・40歳代男性といったものに1つの傾向が見られるのかなという結果が出ております。

20歳代の女性につきましては、低体重、やせている方の割合が高い。そして、運動習慣といったものが女性の世代の中で30歳代についで低い。そして、女性の中でも最も喫煙率の高い世代。しかし、一方でやめたい、またはやめる努力をしたことがあるとされている率も大変高いところでございまして、こういう20歳代女性についての健全な食生活の知識、運動習慣、禁煙といったものを積極的に講じていただく必要があると。

30・40歳代男性につきましても、上半身肥満が疑われる方は3割ということで、男性の中では最も高い割合でございます。そして、運動習慣が男性の中では最も無い世代でございます。そして、食生活の面でも脂肪エネルギー比率といったものが30歳代男性は高いわけですし、野菜の摂取量というものも20歳代が最も低いわけですが、次いで30歳代、40歳代と低くなっております。そして、男性の中では最も喫煙率の高い世代ということでございまして、肥満、運動習慣が無い、油物を摂り過ぎて野菜を摂らない、そしてたばこをスパスパ吸うと。そういうことでございますので、この30歳代、40歳代男性といったものも1つの今後の生活習慣病予防のターゲットというふうに考えております。

そして、元の資料に戻っていただきまして、7ページでございます。

フードガイドといったものは、生活習慣病予防を国民運動として展開していく時の大変重要なツールだと考えておりまして、そういう意味では先ほど農林水産省からもお話がございましたが、自らの広報、更には地方自治体、関係機関を通じての周知徹底ということをさせていただきますが、私どもとしてはフードガイドというのは、これまで講じてきました一次予防施策、ポピュレーションアプローチの1つの発想転換をしたいなと思っております。

1つは、やはりターゲットを絞って最低限の知識を繰り返し伝えていくということで、これまでのポピュレーションアプローチは、国民一般を対象に総花的知識を教科書的に教えるというのが手法の中心だったように思いますが、そういう意味ではターゲットを絞り、最低限の知識を繰り返すという意味で、1つの発想の手法の転換かなと。

2つ目が、先ほどまでさまざまな創意工夫のお話をいただきましたが、国民一人ひとりの意識変革と並んで、やはり意識変革をするに足る食環境の整備という意味では、本日の飲食業生活衛生同業組合、更にはファミリーレストラン、コンビニエンスストア、スーパー等の食を提供する側も巻き込んだ形で、そうした方々の意識も変えていただいて、そういう人たちのお力も借りたPR、更には商品開発、そして健康に資する食品提供がそれぞれの企業にとっての1つのブランドイメージとして高まるという意味では、これもポピュレーションアプローチとして国民一人ひとりとともに、それを促す環境整備という点でも大変画期的な取組みかなと思っております。

そういう点から、このフードガイドを私どもの省としては大変期待させていただいているところでございますので、今後ともよろしくお願いいたしたいと思っております。

以上です。

吉池座長

どうもありがとうございます。

本日は両省の戦略案の御説明を含めて、多くの方々から御発表をお願いするということで、あまりこれについて議論をする時間を多くは設けておりませんが、残りの時間を使い、まずこれまで御発表いただきましたことについて、できるだけ具体的な御質問があればまずそれをいただきたいと思います。いかがでございましょうか。

特に食品を提供する側からのかなり具体的な戦略、提案、またそれに伴う問題点等についてお話をいただいたわけでございますが、いかがでございましょうか。

特にデザイン面での展開ということで具体的なお話をいただいたのですが、尾坂委員その辺については何か確認しておきたい点、あるいはコメント等ありましたらお願いしたいと思います。

尾坂委員

想像以上の雰囲気が伝わりまして、これから展開していくにあたって、課題点も今日の皆さんの御提案の中でかなり明確に見えてきたような気がします。

あとは、やはり見ていただかなければ仕方がないので、みんなの気を引いて、それをやはり皆さんが使いやすい形で展開していけたらなということを考えました。

以上です。

吉池座長

ありがとうございます。

武見委員、よろしくお願いいたします。

武見委員

本当にいろいろな団体の普及の戦略というのは、大変興味深く聞かせていただきました。

それを聞きながら2点ほど気がついたことなのですけれども、やはりさっきから出ていますようにフードガイドというものをいかに知ってもらう、知らしめるかということと、その次の段階として、それを使ってもらうという2つの段階があると思うのです。 知らす方法についても、使っていただく方法、例えば表示とかということがいろいろ出てきたと思うのですけれども、使うという方でいうと表示をしてどのぐらいになっているか知るという、さっきローソンの具体例などを見ると、ああやっぱりこういう形で出るといいなと思いましたし、実際教材があって学習の場というか、そういうことで自分の食べ方を考える機会になるということもあると思いますが、やはりそこまでいかない方たちというのは最初のうちは当然出てくると思います。

そのときに、幾つかのところでは少し出てきていたのですけれども、フードガイドに合ったバランスメニューというか、そういうメニュー開発みたいなことがやはり1つの大事な核になってくるのではないかなと思います。

それで1つ場として抜けていたのが、やはり給食の場というのが、当然それはかなり展開できる場として、中村会長が帰られてしまったのですけれども、栄養士会辺りなどのそういうところで働いているところの場を使って展開していただくということが1つ大事ではないかなと思います。

あと給食だけではなくて、いわゆる職場で注文のお弁当、ああいう形の企業などでも、これはかなり展開できるのではないかなと思います。

たまたま先月徳島県の方にちょっとこうした外食の場の取組みのことで呼ばれて行ってきたのですけれども、やはりそういうある企業に弁当を納入している会社が、最初は行政に依頼されて50食だけ作ってくれということで始めたそうです。1年ぐらいだと思いますけれども、その期間に650 食まで注文を伸ばしているそうです。650 食以上伸びないのですかと聞いたら、それ以上はもう設備といろいろな生産工程の問題で伸びないと。これ以上行うからには、次は設備投資まで行わなければいけないけれどもということで、そこの企業の方などは、やはり今、健康ということは十分ビジネスになるということを言っておられました。

なので、さっきライフの方でフードガイドお勧め弁当という表現も出てきたと思うのですけれども、やはりそういう形のメニュー開発という提供というのも是非表示のプラスで行っていただくというか、表示と同じぐらい行っていただくということが大事ではないかなというふうに思います。

吉池座長

それでは、今日御発表いただかなかった委員を中心にコメントをいただきたいと思のですが、まず最初に普及啓発ということで、重要な役割を持つマスメディアというお立場から、永田委員の方からコメントをいただきたいと思います。

永田委員

日々暮らしと健康ということをテーマに番組を作っている人間としての実感から申しますけれども、相変わらず、実は我々の番組の中で高血圧の予防とか、糖尿病対策とか、そういうことをテーマにした番組は視聴率が高うございます。

逆にBSEの問題とか、少し基礎知識を普及するようなものについては、むしろ視聴率が低いみたいなことが実感としてありまして、やはり自分の暮らしに直接関係があって、それが健康につながっていく、得をする、それで何か自分のためになるみたいなことに直結する、やはり普及活動ということがすごく大事なのではないかなというふうに思っています。

具体的に言えば、厚生労働省の作られた最後のページは、私もそうだというふうに思って拝見したのですけれども、ポピュレーションアプローチのところで、良い生活習慣は気持ちが良いと書いてありますけれども、つまり一番中高年男性の行動変容を促すにあたって、御本人たちがこのことをすることで得をするのだ、気持ちが良いのだ、楽しいのだと、そういうことをどう本当に思ってもらえるかということがすごく大事なことだなというふうに思っています。

さっき武見委員がおっしゃいました職場のお弁当とか、私も本当にそのとおりだと思いますし、実際に農林水産省とか厚生労働省の食堂からまず変えてみるとか、NHKも同じですけれども、そういうようにまず行政の人たちも自分たちの身の周りから本当に変えてみて、これは得をするのだ、気持ちが良いのだということを言い続けるということ、具体的な証拠を出してみるということが大事なのではないかなというふうに思います。

吉池座長

ありがとうございます。

それでは津志田委員、早渕委員、針谷委員の順番にコメントをいただきたいと思います。

津志田委員

私、食品の研究をしている立場なのですけれども、やはり今ガイドラインで推進しようとしている野菜、果実、あるいはちょっとお茶の話しもしたのですけれども、そういうものが健康に良いというのは、私たちの研究の方からも科学的なエビデンスとして出ておりますので、そういうのを是非普及して、国民が健康になるようにしていったらいいなというふうに今、感じているところです。

ちょっと実は服部先生の方の資料の中で、一番最後のところに日本の平均寿命とアメリカのことが書いてあったのですけれども、日本の平均寿命は世界一であるというのは知られていますけれども、実は要介護者、寝たきり老人の数がアメリカの5倍であるというふうなことですので、実際に私もこの募集を始めてみたのですが、意外と健康寿命も世界一ですし、もう介護者も実は少ないのだというような感覚にあると思うのです。そういう意味で是非このフードガイドを推進して、要介護は多分男女平均で7年以上あると思うのですけれども、それを少なくするようにしていただければというふうに思いますし、私どもも新しい食品成分に関する健康機能の研究を行っておりますので、そういうものが是非こういうものに反映されるように努力していきたいというふうに考えているところです。

非常に食品を提供する側の方々の熱い熱意を感じまして、非常に良い会議だったなというふうに感じています。期待しているところです。どうもありがとうございました。

吉池座長

それでは、早渕委員お願いいたします。

早渕委員

まず本日御発表いただきました食に関わっておられる皆様方の熱意に本当にすばらしいと思いました。早速ああいう尾坂委員のデザインを基に展開を図られていて、どう具体的に進めようかと、もう決まったらすぐにでも実践されそうですごくうれしく思いました。

やはりそういう中で消費科学連合会の横田委員からありましたように、やはり消費者の方がまず興味を持つこと。これって何だろうと、パっと、やはりそういう面では何だろうと気づいてもらう、興味を持ってもらうことが大事だと思いますし、そこでやはりデザイン性というのが、本当にここで出てくる尾坂委員のすばらしいデザインがそこで活きると思いますし、やはりそれをスッキリと外食産業の方たち、食に関わる方たちに取り上げていただけたらと思います。

やはり、その時に興味を持つだけで何だではなくて、なるほど、そうだなと納得する。納得する時に、知識の無い、今回はターゲットが30~60歳代男性と単身者とか子育て世代ですので、まず興味を持って、これ何だろうと思った時に、それに応えてくれる何か、そこをやはりわかりやすく提示するのが必要だと思います。

そこで先ほど武見委員がおっしゃったように子どもたちです。ここではターゲットにはなっていないのですが、やはり教育の中でフードガイド、仮称ですけれども、こういうものがあるのだと、お父さんがこんなものがあったと持って帰った時に、「これね、小学校で習ってね」みたいなところがあると、つながっていくのかと。やはり一般の方には教育というのは無理ですので、まず関心を持ってもらって、これを見て、これに従って選ぶと良いことがあるらしいということで、実践につながるという方が、そして最終的には厚生労働省が目標とされている生活の質の向上とか、医療費の低減、低下につながればいいなと期待しております。

本当にありがとうございました。

吉池座長

針谷委員、お願いいたします。

針谷委員

それぞれの立場からいろいろな活用、普及の方法についてお伺いし、本当に勉強になりました。ありがとうございました。

お伺いして3点ほど気になったことと、お願いとがあります。

フードガイドを活用した成果というのが認証制度という形で出てきましたけれども、積極的に反映するシステムというのを構築していくと、もっと普及が早くなるのではないかというふうに思ったのが第1点です。

それと今回は、どちらかと言えば物の提供側の方々の御発言が多かったと思いますが、食情報を発信する雑誌とか、そういう人たちの側も今は1サービングという形で考えていきますと、必ずしも適正サイズというのが発信されているとは思われませんので、そちらの方の見直しにもつながるような、そういう活動が展開されると良いなというふうにも思いました。

それともう1点ですが、やはり日常的にフードガイドを活用し、その普及の結果を享受するのは、生活者主体だと思いますので、その人たちへの選択力の向上のための積極的な働きかけというのが、もう一方でどうしても必要なのではないかというふうに考えておりまして、今日横田先生の方から御発言がありましたが、そちらの方の活性化を御期待したいとふうに思っております。

吉池座長

ありがとうございました。

いろいろ御意見をいただいたわけですが、特に子ども、学校給食での取組みというのは、文部科学省との連携といったようなことも更に考えていかれるものかと思いますので、その辺もまた事務局の方で戦略を御検討いただきたいと思っております。それでは、時間の関係もございますので、この議論はこれまでにさせていただきまして、最後にパブリック・コメントにつきまして、事務局からの報告をお願いいたします。

中島生活習慣病対策室長

パブリック・コメントの実施状況について報告を申し上げます。お手元にお配りしております参考1と参考2でございます。

本フードガイドの策定に向けました基本的考え方につきまして、参考1のとおりの形で広く国民の方々にパブリック・コメントとして提示をさせていただいたところでございます。先般、御意見を締め切らさせていただいて、計21件の御意見を寄せていただいたわけですが、それを整理させていただいたのが参考2という形でございます。

そこではフードガイドの名称、前回の本検討会で御議論をいただきましたサービングという表現の在り方につきまして、サービングというもので良いのではないかとか、「サービング(盛)」という形でどうか、更には「盛(サービング)」という方が良いのではないかと。更には1皿分とか1杯分といった方が良いのではないかといった幾つかの御意見をいただいているところでございます。

また、お菓子の扱いにつきましても、幾つか御意見をいただいているところでございまして、参考2の方に具体的にお寄せいただいた意見を整理させていただいています。

これらの御意見につきましては、早速本会議の後、またワーキンググループを開催していただけるということでございますので、ワーキンググループの中で吟味、御議論をいただいて適切な形で反映できるものについては反映していっていただければと思っております。以上でございます。

吉池座長

どうもありがとうございました。

ただいま御説明がありましたが、これについて何か御質問はございますでしょうか。また内容については、あとで各委員ご覧いただきたいと思います。

それでは、次回の予定、また今後の進め方等について事務局の方から御説明をお願いいたします。

中島生活習慣病対策室長

本日はどうもありがとうございました。

次回は5月31日の10時から開催したいと思っております。厚生労働省内の会議室を予定しております。

具体的な議題につきましては、1つは名称、更にはデザインの問題でございます。

2つ目はターゲット編の具体的な記述展開についてでございます。

3つ目は、フードガイド検討会としての御報告をいただく骨子、柱立てといったものについてワーキンググループでの成果などを示させていただいて、御議論をいただく予定でございます。

なお、本日各委員の先生方からプレゼンテーションをしていただきましたが、フードサービス協会の伊藤俊一委員、更にフランチャイズチェーン協会の伊藤廣幸委員、更にはスーパーマーケット協会の宮川委員からの発表資料につきましては、回収をさせていただくということでございますので、取扱いについてよろしくお願いを申し上げます。

吉池座長

資料についてはよろしくお願いいたします。

それでは、本日の議事については、一通り予定されていたものが終わったようですが、委員の皆様方、特に何かございますでしょうか。特にありませんでしたら、これで閉会にさせていただきたいと思います。

本日は長時間にわたり、皆様方から貴重な御意見をいただきまして、ありがとうございました。これで閉会にさせていただきたいと思います。