ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > バイオマスの活用の推進 > バイオマス・ニッポン


ここから本文です。

バイオマス・ニッポン

家畜排せつ物や生ゴミ、木くずなどの動植物から生まれた再生可能な有機性資源のことをバイオマスといいます。

地球温暖化防止、循環型社会形成、戦略的産業育成、農山漁村活性化等の観点から、農林水産省をはじめとした関係府省が協力して、バイオマスの利活用推進に関する具体的取組や行動計画を「バイオマス・ニッポン総合戦略」として平成14年12月に閣議決定しました。
平成18年3月には、これまでのバイオマスの利活用状況や平成17年2月の京都議定書発効等の戦略策定後の情勢の変化を踏まえて見直しを行い、国産バイオ燃料の本格的導入、林地残材などの未利用バイオマスの活用等によるバイオマスタウン構築の加速化等を図るための施策を推進してきました。

更新情報

過去の更新情報

 

「バイオマス・ニッポン総合戦略」(平成18年3月31日策定)

【参考】

 

国産バイオ燃料の大幅生産拡大

農林漁業バイオ燃料法

バイオマスタウン

バイオマスの利用についての支援

バイオマスのエネルギー利用

バイオマスのマテリアル利用

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図