このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

肉用牛の遺伝性疾患に係る遺伝子型検査結果について(平成17年8月)

  • 印刷

平成17年8月4日
農林水産省生産局

このことについて、別添のとおり(エクセル:1,375KB)種雄牛の遺伝子型検査結果をまとめましたので、公表致します。これらの遺伝性疾患に係る原因遺伝子をヘテロの状態で保因(遺伝子を1つ持つ場合)していても発症することはないため、健康状態は正常牛と全く変わりませんが、原因遺伝子をホモの状態で保有(遺伝子を2つ持つ場合:対で持つ場合)し、発症した場合には、経済的な損失を伴う可能性があることから、遺伝性疾患に係る遺伝子型を保因する種雄牛については、適切な交配がなされますようよろしくお願い致します。

なお、公表に当たっての留意事項は以下のとおりです。

  1. 公表対象

    平成17年5月末までに検査を行った雄牛のうち、検査申請時の所有者が公表に同意した雄牛を公表対象と致しました。

    なお、これらの雄牛には検査申請後に廃用処分された雄牛を含みます。

  2. 牛の分類

    雄牛の飼養されている県別に分類しましたが、独立行政法人家畜改良センター及び社団法人家畜改良事業団の所有牛については、所有者で分類しました。

    また、所有者から、県域を越えて移動した旨通知を受けた雄牛については、移動先の都道府県を通じて事実関係を確認するとともに、移動先の県に分類しました。

  3. その他

    備考欄には、種畜証明書の交付状況、廃用の有無等を記載しました。

お問い合わせ先

生産局畜産部畜産振興課畜産技術室
担当者:関村、古川
代表:03-3502-8111(内線3909)
ダイヤルイン:03-3502-5984
FAX:03-3593-7233