このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

6次産業化等のための酪農家の創意工夫に応える環境整備について

  • 印刷
平成27年5月25日更新

担当:生産局畜産部牛乳乳製品課

指定生乳生産者団体との生乳取引の多様化及び乳業施設の設置規制の緩和の取組内容等をお知らせしています。

環境整備の概要

  酪農家の創意工夫による6次産業化等の取組を支援するため、次の環境整備を行っています。

  1. 酪農家と指定生乳生産者団体との生乳取引について、指定生乳生産者団体の機能に留意しつつ、一層の多様化の推進
  2. 6次産業化のための小規模な乳業施設や、輸出向けの乳業施設の設置規制(都道府県知事の承認)の緩和

  <概要>

 6次産業化・輸出促進のための酪農家の創意工夫に応える環境整備(PDF:415KB)

 1.指定生乳生産者団体との生乳取引の多様化

 取組内容

   酪農家による6次産業化の取組を支援するため、酪農家が自ら処理・加工できる生乳量を拡大するなど、指定生乳生産者団体との生乳取引の多様化を図る取組を推進しています。

 優良・先進事例集

   優良・先進事例集をまとめましたのでお知らせします。具体的な取組を開始される際にご活用ください。

説明資料

   指定生乳生産者団体制度や生乳取引の多様化のねらい・経緯等の説明資料です。

関連通知

 

2.乳業施設の設置規制の緩和

取組内容

   酪農家等による6次産業化・輸出の取組を支援するため、チーズ工房などの小規模な乳業施設や、輸出向けの乳業施設の設置に係る都道府県知事の承認を不要にし、6次産業化・輸出に取り組む際の負担を軽減しています。

関連通知



お問い合わせ先

生産局畜産部牛乳乳製品課
代表:03-3502-8111(内線4932)
ダイヤルイン:03-3502-5987
FAX:03-3506-9578

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader