このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

TOPページ 

酪肉近基本方針・家畜改良増殖目標等

畜産農家等への支援

家畜生産・畜産環境等

基本情報・統計データ等

畜産部の概要

現場の宝

畜産クラスター

楽酪事業ボタン

 shiryou_seisan(pic.)

乳用牛ボタン

肉用牛ボタン

豚ボタン

鶏ボタン

その他ボタン

 

牛乳乳製品ボタン

食肉ボタン

飼料ボタン

競馬ボタン

 

畜産のことならwww.lin.gr.jp

JRA畜産振興事業について

家畜生産・畜産環境等

このページでは、畜産農家及び畜産関係者のみなさまに知っておいていただきたい情報をご紹介します。

(下記のキーワードをクリックしていただくと、ページ内関係箇所にジャンプします。)

 家畜生産(家畜改良トレーサビリティ)畜産環境対策中央畜産技術研修会 / 畜産経営に係る税制畜舎設計基準 

家畜生産に関する情報

家畜改良について

家畜改良をめぐる情勢、改良増殖目標、新技術関連情報(受精卵移植等)、遺伝性疾患関連情報を紹介しています。

牛肉のトレーサビリティについて

 

畜産環境対策

畜産環境対策(家畜排せつ物)関連情報

家畜排せつ物(家畜ふん尿、堆肥、液肥、汚水等)と環境との関わりや「家畜排せつ物法」による取組をはじめとした畜産環境対策に関する様々な情報を紹介しています。

家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律について

『家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律』(家畜排せつ物法)の制定経緯や概要、法律、政令、省令、関連通知等を紹介しています。

 

中央畜産技術研修会について

農林水産省生産局は、独立行政法人家畜改良センター本所内に設置されている中央畜産研修施設において、畜産に関する高度な知識の習得並びに指導力の向上を目的として中央畜産技術研修会を実施しています。

また、この研修の受講者は、原則、国、都道府県等の職員に限られておりましたが、平成27年度から、農業に従事している方(従事しようとしている方を含む)も参加できるようになりました。

詳細はこちら(PDF : 159KB)

受講申請書の様式はこちら(PDF:29KB)

受講申請等については「独立行政法人家畜改良センター(外部ページ)」をご覧下さい。

 

平成29年度中央畜産技術研修会開催通知

肉用牛(10月3日~6日)詳細はこちら(PDF : 100KB)・・・受講申請期限9月1日

畜産新技術A・B(10月10日~13日)詳細はこちら(PDF : 106KB)・・・受講申請期限9月8日

肉用牛生産技術指導者養成(2)(10月16日~20日)詳細はこちら(PDF : 91KB)・・・受講申請期限9月15日

畜産環境保全(堆肥化処理・利用技術)(11月27日~12月1日)詳細はこちら(PDF : 86KB)・・・受講申請期限10月20日

自給飼料(12月5日~7日)詳細はこちら(PDF : 98KB)・・・受講申請期限10月27日

畜産環境保全(耕畜連携堆肥利用促進)(12月12日~14日)詳細はこちら(PDF : 94KB)・・・受講申請期限11月2日

畜産経営に係る税制

農業者への税制支援

農業に係る主な税制支援の概要を記載しています(経営局ページへジャンプ)。

畜産事業者への税制支援(平成26年4月)(PDF:82KB)

畜産経営に関する現行税制上の主な特例措置を紹介しています。

 

畜舎設計規準について

「畜舎設計基準」は、畜舎(堆肥舎、付属施設を含む)が、住宅等の多い地域から離れていること、一般住宅等と比べて人が居る時間が少ないこと等を踏まえ、荷重、防火、構造等に関する基準について緩和を行っています。

詳細については、「社団法人中央畜産会(外部ページ)」をご覧下さい。

 

お問い合わせ先

生産局畜産部畜産企画課

代表:03-3502-8111(内線4895)
ダイヤルイン:03-3502-5979
FAX:03-3501-1386