このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

TOPページ

酪肉近基本方針・家畜改良増殖目標等

畜産農家等への支援

家畜生産・畜産環境等

基本情報・統計データ等

畜産部の概要

 

現場の宝

畜産クラスター

乳用牛ボタン

肉用牛ボタン

豚ボタン

鶏ボタン

その他ボタン

 

牛乳乳製品ボタン

食肉ボタン

飼料ボタン

競馬ボタン

 

畜産のことならwww.lin.gr.jp

JRA振興事業について

 

酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針・家畜改良増殖目標等

酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針及び家畜改良目標は、それぞれ酪農及び肉用牛生産の振興に関する法律及び家畜改良増殖法に基づき、酪農及び肉用牛生産の振興・家畜の改良施策に関し、政府が中長期的に取り組むべき方針を定めたものであり、情勢変化等を踏まえ、概ね5年ごとに定めるものとされています。

平成27年3月31日に酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針及び家畜改良増殖目標を策定し、同年4月27日に公表(官報掲載)しました。

お知らせ

  • 2015年4月27日 「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」、「養豚農業の振興に関する基本方針」、「家畜改良増殖目標」、「鶏の改良増殖目標」及び「家畜排せつ物の利用の促進を図るための基本方針」を官報掲載しました。
  • 2015年3月31日 「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」、「養豚農業の振興に関する基本方針」、「家畜改良増殖目標」、「鶏の改良増殖目標」及び「家畜排せつ物の利用の促進を図るための基本方針」を策定しました。(報道発表資料
  • 2015年3月20日 食料・農業・農村政策審議会 第12回畜産部会を3月25日(水曜日)に開催します。(報道発表資料
  • 2015年3月13日 食料・農業・農村政策審議会 第11回畜産部会を3月20日(金曜日)に開催します。(報道発表資料
  • 2015年2月16日 食料・農業・農村政策審議会 第10回畜産部会を2月19日(木曜日)に開催します。(報道発表資料

平成27年3月31日策定 新たな畜産関係基本方針等

 酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針(PDF:788KB)

(1)基本方針の主旨

「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」は、「酪農及び肉用牛生産の振興に関する法律(以下、「酪肉振興法」という。)」に基づき、酪農、肉用牛生産の健全な発展と牛乳・乳製品、牛肉の安定供給に向けた取組や施策の方向を示すものです。

また、都道府県が作成する「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための計画」等関連施策の運用の指針となります。

なお、農林水産省では、酪肉振興法に基づき、基本方針の見直しをおおむね5年ごとに行っています。

養豚農業の振興に関する基本方針(PDF:309KB)

(1)基本方針の主旨

「養豚農業の振興に関する基本方針」は、平成26年6月に成立した「養豚農業振興法」第3条に基づく新しい基本方針であり、養豚農業を振興するため、国内由来飼料(飼料用米、エコフィード)の利用増進などに関する方向を示すものです。

 (2)パンフレット:養豚農業の振興に関する基本方針のポイント(PDF:2,216KB)

 

家畜改良増殖目標(PDF:334KB)

鶏の改良増殖目標(PDF:176KB)

(1)主旨

「家畜改良増殖目標」は、「家畜改良増殖法」に基づき、家畜の能力(乳用牛の泌乳量、肉用牛の繁殖能力等)、体型、頭数について、10年後の目標を示すものです。(対象は乳用牛、肉用牛、豚、馬、めん山羊)

本目標に即して、都道府県が「改良増殖に関する計画」を定めることができます。

またこれに準じて、鶏の改良増殖に携わる関係者の指針として、「鶏の改良増殖目標」を定めています。なお、農林水産省は、家畜改良増殖目標及び鶏の改良増殖目標の見直しをおおむね5年ごとに行っています。

(2)家畜改良増殖目標及び鶏の改良増殖目標のポイント(PDF:2,592KB)

家畜排せつ物の利用の促進を図るための基本方針(PDF:182KB)

(1)基本方針の主旨

「家畜排せつ物の利用の促進を図るための基本方針」は、「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律」に基づき、家畜排せつ物の利用の促進のため、処理高度化施設の整備等の方向を示すものです。

(2)パンフレット:家畜排せつ物の利用の促進を図るための基本方針のポイント(PDF:3,451KB)

新たな酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針の策定経過

食料・農業・農村政策審議会畜産部会

平成26年度

第12回畜産部会(平成27年3月25日)配付資料

 副大臣答申  副大臣挨拶

第11回畜産部会(平成27年3月20日)配付資料

第10回畜産部会(平成27年2月19日)配付資料 議事録

第9回畜産部会(平成27年1月29日)配付資料 議事録

第7回畜産部会(平成26年11月28日)配付資料 議事録

第6回畜産部会(平成26年10月8日)配付資料 議事録

第5回畜産部会(平成26年8月29日)配付資料 議事録

第4回畜産部会(平成26年7月31日)配付資料 議事録

第3回畜産部会(平成26年7月3日)配付資料 議事録

第2回畜産部会(平成26年5月27日)配付資料 議事録

第1回畜産部会(平成26年4月24日)配付資料 議事録

平成25年度

第4回畜産部会(平成26年3月24日)配付資料 議事録

第3回畜産部会(平成26年2月17日)配付資料 議事録

 副大臣諮問  副大臣あいさつ

意見交換会

畜産部会委員と加工・流通業者との意見交換会(平成26年11月12日)配付資料 議事概要 

国民の皆様からの意見募集について

新たな基本方針及び家畜改良増殖目標の検討における国民の皆様からのご意見・ご要望の募集は終了しました。

たくさんのご意見をいただき、ありがとうございました。

新たな(第10次)家畜改良増殖目標の策定に向けた動き

   平成26年度家畜改良増殖目標畜種別研究会

         ・  乳用牛研究会                 ・  鶏研究会

         ・  肉用牛研究会                 ・  馬研究会

         ・  豚研究会                          ・  めん山羊研究会  

平成22年度策定の畜産関係基本方針関係資料

酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針(平成22年7月)(PDF:552KB)

(1)基本方針の主旨

「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」(以下、「基本方針」)は、「酪農及び肉用牛の振興に関する法律」(以下、酪肉振興法」)に基づき、今後の酪農及び肉用牛生産の基本的な方向を示したものです。また、都道府県が作成する「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための計画」等関連施策の運用の指針となります。なお、農林水産省では、酪肉振興法に基づき、基本方針の見直しを概ね5年ごとに行っております。

(2)酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針のポイント

(3)用語集(PDF:166KB)

 

家畜改良増殖目標(平成22年7月)(PDF:297KB)

鶏の改良増殖目標(平成22年7月)(PDF:184KB)

(1)家畜改良増殖目標の主旨

「家畜改良増殖目標」は、「家畜改良増殖法」に基づき、家畜の能力、体型、頭数等の10年後の目標について定めるものであり、本目標に即して、都道府県が「改良に関する計画」を定めることができます。またこれに準じて、鶏の改良増殖に携わる関係者の指針として、「鶏の改良増殖目標」を定めています。なお、農林水産省は、家畜改良増殖目標及び鶏の改良増殖目標の見直しを概ね5年ごとに行っております。

(2)家畜改良増殖目標等のポイント(パンフレット)(PDF:1,637KB)

過去の基本方針関係資料

 

 

お問い合わせ先

生産局畜産部畜産企画課
代表:03-3502-8111(内線4895)
ダイヤルイン:03-3502-5979
FAX:03-3501-1386