このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

放射性セシウム汚染稲わらの利用肉用牛農家の概要について

  • 印刷

各県における、放射性セシウム汚染稲わらの利用肉用牛農家の概要をとりまとめました。

11月28日までに、牛肉から食品衛生法上の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された汚染牛は、全国で90頭となっています(同様に、検査により暫定規制値を下回ることが確認された牛は1,501頭)。

 

(資料)

お問い合わせ先

生産局畜産部畜産振興課
担当者:小倉、関、春名
代表:03-3502-8111(内線4922)
ダイヤルイン:03-6744-2524
FAX:03-3593-7233

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader