このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

配合飼料価格安定制度について

  • 印刷

配合飼料価格安定制度について

配合飼料価格安定制度は、配合飼料価格の上昇が畜産経営に及ぼす影響を緩和するため、通常補てん(生産者と配合飼料メーカーが積立)と、異常な価格高騰時に通常補てんを補完する異常補てん(国と配合飼料メーカーが積立)の二段階の仕組みで生産者への補てんを行っています。



(制度概要)



( 輸入原料価格及び補てん金の限度額に関する情報提供)

輸入原料価格及び補てん金の限度額について、四半期毎に情報提供しています。

輸入原料価格及び補てん金の限度額に関する情報提供 



(事業実施要綱等)

平成25年12月に、とうもろこし価格の高騰などの状況変化に対応し、本制度をこれからも安定的に運用するために、下記の通り制度を見直しました。

配合飼料価格安定制度の見直しについて(平成25年12月)(PDF : 666KB)

 

(関係団体へのリンク)(外部リンク)

お問い合わせ先

生産局畜産部飼料課流通飼料対策室
担当者:価格班
代表:03-3502-8111(代表)
ダイヤルイン:03-6744-7193
FAX:03-3502-8294

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader