このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

稲わらについて


このページでは、これまで稲わらが収集されていなかった地域の農家の皆様の情報も含め、稲わらの供給が可能な事業者等の情報を掲載しています。また、今後、稲わら収集に取り組む場合の留意事項等も掲載しています。

国産稲わらをご入用の方は、稲わら販売者情報を御覧ください。また、新たに今後、稲わらの収集に取り組むことをご検討の皆様は、稲わら収集に当たっての留意事項を御覧ください。

稲わら販売者情報

  被災地支援のための事業(粗飼料確保緊急対策事業)を活用する場合は、共同購入が対象となっており、個人での購入は支援対象ではありませんので、ご注意ください。当該事業の事業実施主体は、農業協同組合、農業協同組合連合会、中小企業等協同組合法(昭和24年法律第181号)に基づく事業協同組合、畜産業の振興に資する事業を行う一般社団法人又は一般財団法人などです。事業の詳細は(独)農畜産業振興機構にお問い合わせください。

 また、掲載しているリストの販売者の中には、少しでも被災地の皆様の役に立てたいとの思いから、農林水産省の呼びかけに応え、これまで畜産向けに販売を予定していなかった稲わらを、今回初めて収集し、提供してくださる方も含まれています。

 こうした点にも御留意の上、稲わらの品質や、収集の状況、販売価格や運送方法等について、購入を御希望される方が直接、販売者の方に連絡して、確認又は調整してください。万一、品質に不安を持たれた場合には、飼料用ではなく敷料として利用すること等もご検討ください。

 ・国産稲わらの販売者一覧表(令和元年12月5日時点)(PDF : 101KB) NEWアイコン  

  なお、稲わらの販売が終了した場合、その方の連絡先等は本リストから削除することとしていますが、リストの更新にタイムラグが生じることについて、あらかじめご了承ください


<参考>  災害支援策のための事業について
  粗飼料確保緊急対策事業の概要(PDF : 211KB)
  畜産経営総合対策緊急支援事業実施要綱(PDF : 162KB)
  畜産経営総合対策緊急支援事業のうち、粗飼料確保緊急対策事業(別添4)(PDF : 634KB)





稲わら収集に当たって留意事項

稲わら収集について(令和元年10月29日元生畜第977号・元政統第1108号生産局畜産部飼料課長及び政策統括官付穀物課長通知)(PDF : 164KB)

稲わらの利用状況

稲わらをめぐる状況(PDF : 180KB)

輸入稲わら及び稲わら代替品

  国産稲わらを確保できない場合の輸入稲わら及び稲わら代替品の購入については、以下の相談先へお問い合わせください。
  輸入稲わら及び稲わら代替品の購入相談先について(PDF : 150KB)
  輸入稲わら及び主な稲わら代替品リスト(PDF : 235KB)

お問合せ先

生産局畜産部飼料課

担当者:(国産稲わら)飼料生産振興班
代表:03-3502-8111(内線4916)
ダイヤルイン:03-3502-5993
FAX:03-3580-0078

担当者:(輸入稲わら及び稲わら代替品)需給対策第1班
代表:03-3502-8111(内線4915)
ダイヤルイン:03-3591-6745
FAX:03-3502-8294

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader