このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

TOPページ

酪肉近基本方針・家畜改良増殖目標等

畜産農家等への支援

家畜生産・畜産環境等

基本情報・統計データ等

畜産部の概要

飼料増産メルマガ

現場の宝

shiryou_seisan

乳用牛ボタン

肉用牛ボタン

豚ボタン

鶏ボタン

その他ボタン

 

牛乳乳製品ボタン

食肉ボタン

飼料ボタン

競馬ボタン

畜産のことならwww.lin.gr.jp

JRA畜産振興事業について

飼料

このページは、家畜の飼料について紹介するページです。下記キーワードをクリックしていただくと該当箇所にジャンプします。

基本情報  /飼料関係の予算/  飼料増産  /放牧/  飼料用米  /  稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ・WCS)  / コントラクター  /  TMRセンター  / 配合飼料価格安定制度 / エコフィード  /  飼料用麦  /  飼料自給率向上戦略会議  /  調査結果(ペットフード産業・流通飼料価格等実態調査) 

 基本情報

農林水産省では、飼料等をめぐる情勢について解説する資料を作成しています。

また、流通飼料等実態調査をとりまとめて公表しています。

《参考》

 

 飼料関係予算について New

自給飼料関連予算を紹介しています。 

 

 飼料増産の取組について

農林水産省では、国内の飼料生産基盤に立脚した畜産への転換を図るため、自給飼料の増産を推進しています。

 

飼料増産通信

飼料増産運動の取組、予算、優良事例等を紹介しています。

 

各地域で行われているシンポジウム等New

各地域で行われているシンポジウム等の概要を紹介します。

 

飼料増産シンポジウムの開催New

 平成29年4月13日に農林水産省本館7階講堂にて、「飼料増産シンポジウム~国産濃厚飼料の可能性を探る~」を開催しました。

講演内容は以下のとおりです。

1.基調講演
  「国産濃厚飼料の可能性を探る」(PDF : 1,403KB)  外部リンク(動画)
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構畜産研究部門
飼料作物研究領域栽培技術ユニット長 菅野 勉氏

2.事例紹介
 「イアコーン生産による飼料自給率の向上」(PDF : 1,571KB)  外部リンク(動画)
有限会社ジェネシス美瑛 代表取締役  浦 敏男 氏

 「水田における子実とうもろこし生産」(PDF : 748KB)  外部リンク(動画)
北海道子実コーン生産組合 組合長  柳原 孝二 氏

 「籾米サイレージ(稲SGS)の製造・販売について」(PDF : 1,492KB)  外部リンク(動画)
真室川町農業協同組合営農部営農販売課 課長補佐  丹 康之 氏

 「食品残さなどの地域資源を活用し地域に根ざした肉用牛経営」(PDF : 992KB)  外部リンク(動画)
農事組合法人花房牧場 代表取締役  綾部 寿雄 氏

全体版(PDF : 6,369KB)

概要(PDF : 473KB)

 放牧について

農林水産省では低コスト・省力化、農地保全耕作放棄地等の再生利用等を推進するため、レンタカウ放牧や放牧酪農の取組を推進しています。

 

 飼料用米について

農林水産省では、水田活用の直接支払交付金等により、飼料用米の生産・利用の拡大を推進しています。

水田活用の直接支払交付金について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

 

飼料用米の利活用推進について(PDF : 97KB)

各地域で行われている飼料用米の取組について紹介しています。これまでの取組事例はこちら

 飼料用米の利用・需要拡大に向けた取組事例(平成28年4月)(PDF : 1,588KB)

飼料用米の推進について(飼料用米をめぐる事情)

一式(平成29年11月)(PDF : 3,817KB)

分割版1(PDF : 1,894KB)分割版2(PDF : 1,672KB)

 

飼料用米に関するQ&A

飼料用米の生産利用に初めて取り組む方やこれから飼料用米に取り組みたいと考えている方の質問にお答えします。

 

生産・給与技術について

   飼料として使用する籾米への農薬の使用について(PDF : 74KB)

飼料用米の多収性専用品種の栽培マニュアル

 

 稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ)について

  • 稲発酵粗飼料(稲WCS)とは

    稲の実が完熟する前に、実と茎葉を一体的に収穫し、乳酸菌発酵させた飼料のこと。稲ホールクロップ・サイレージとも呼ばれます。水田の有効活用と飼料自給率の向上に資する飼料作物として、作付面積が拡大しています。

 

生産・給与技術について

      

 草地改良関係事業について

草地生産性向上対策等について紹介しています。 

 

国産粗飼料の生産・調製作業の外部化の推進について

国産粗飼料の生産・利用の拡大を図るためには、自給飼料の生産や調製に係る作業の外部化を進め、畜産農家の労働負担の軽減や飼料生産作業の効率化・低コスト化を推進することが重要です。

これらを担う飼料生産組織(コントラクター、TMRセンター等)の育成や高度化の取組を支援しています。

 

 コントラクターについて

畜産農家等から飼料作物の播種や収穫作業、堆肥の調製・散布作業などを請け負う組織です。

 

 TMRセンターについて

牧草などの粗飼料、とうもろこしなどの濃厚飼料、ビタミン等の添加物等をバランス良く配合した牛の飼料(TMR:Total Mixed Ration)を製造し、畜産農家に供給する組織です。

 

関連事業NEWアイコン

 

<事業実施要綱・要領等>


 

<参考>

  • 畜産クラスター関連事業について

http://www.maff.go.jp/j/chikusan/kikaku/lin/l_cluster.html

 

 

 配合飼料価格安定制度について

配合飼料価格安定制度についてご説明しています。

 

 エコフィードについて

エコフィードをめぐる情勢や関連施策等について紹介しています。

 

 飼料用麦関係

(過去の売渡実績はこちらのページをご覧下さい) 

 

 丸粒とうもろこしの利用について

  

 過去に開催された会議等一覧

農林水産省では、飼料自給率向上のため、飼料自給率向上戦略会議を中心に、関係者の所属別・取組の内容別に下記の各種会議を開催しました。

各種会議の配布資料及び議事録についてはこちらのページをご覧下さい。

 

 各種調査結果

ペットフード産業実態調査


 流通飼料価格等実態調査(速報版)

 

お問合せ先

生産局畜産部飼料課

ダイヤルイン:03-6744-7192
FAX番号:03-3580-0078

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader