ホーム > 組織・政策 > 基本政策 > 東日本大震災に関する情報 > 生産関係 > 飼料作物関係の対応 > 「飼料の暫定許容値見直しを踏まえた今後の対応について」の一部改正について


ここから本文です。

「飼料の暫定許容値見直しを踏まえた今後の対応について」の一部改正について

農林水産省は、飼料の暫定許容値の改定に併せ、自給飼料の生産、飼養管理等について県と連携を図りながら指導を行っています。

概要

平成24年産の永年生牧草については、地域毎のモニタリング調査に基づく流通・利用の可否を判断することを基本としつつ、これを補足するものとして、必要に応じて生産者毎に行う放射性セシウム濃度の検査を活用できるように、各都道府県に通知しました。

 

 添付資料

「「飼料の暫定許容値見直しを踏まえた今後の対応について」の一部改正について」(平成24年5月18日)(PDF:93KB)

 

参考

「飼料の暫定許容値見直しを踏まえた今後の対応について」(平成24年2月3日、平成24年5月18日最終改正)(PDF:145KB)

お問い合わせ先

生産局畜産部畜産振興課草地整備推進室
担当者:小倉、丹菊
代表:03-3502-8111(内線4925)
ダイヤルイン:03-6744-2399
FAX:03-3580-0078

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図