このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成27年3月10日

平成27年産の飼料作物の生産・利用について

農林水産省は、平成26年に収穫される飼料作物の流通・利用について指導を行います。

概要

  1. 平成26年産の飼料作物については、「平成26年産の飼料作物の流通・利用の自粛及びその解除等について」(平成26年2月28日付け、農林水産省生産局畜産部畜産振興課長通知)に即して、モニタリング調査の結果に基づいて飼料としての流通・利用の可否を判断しました。
  2. 平成27年に収穫される飼料作物についても、基本的には昨年と同様の方法で流通・利用の可否を判断することとしますが、26年産飼料作物のモニタリング調査の結果を踏まえ、改めて通知を発出しました。  

内容

調査地点の設定

  1. 平成27年に収穫される 永年生牧草については、平成26年産のモニタリング調査の結果が暫定許容値以下となり利用可能となった地域を調査地域とし、5点以上で調査を行います。
  2. 平成27年に収穫される単年生飼料作物(飼料用トウモロコシ等の夏作飼料作物等)については、平成26年産のモニタリング調査の結果に基づき、県内を複数の調査地域に区分し、5点以上で調査を行います。

 

 

流通・利用自粛の解除の方法

調査地域内全ての調査地点の調査結果が暫定許容値以下となった場合、当該調査地域の飼料作物の流通・利用の自粛を解除します。

一部の調査地点の調査結果が暫定許容値を上回った場合は、当該調査地域を更に細分化し、細分化された地域毎に5点の調査地点を新たに設け調査を行い、当該細分化地域の流通・利用の自粛解除の判断を行います。

 

(添付資料)

「平成27年に収穫される飼料作物の流通・利用の自粛及びその解除等について」(平成27年3月9日)(PDF:79KB)

お問い合わせ先

生産局畜産部飼料課
担当者:飼料生産計画班
代表:03-3502-8111(内線4916)
ダイヤルイン:03-3502-5993
FAX:03-3580-0078