ホーム > 組織・政策 > 審議会 > 食料・農業・農村政策審議会 > 家畜衛生部会 > 食料・農業・農村政策審議会 消費・安全分科会家畜衛生部会家きん疾病小委員会 第13回 議事概要(平成17年6月29日)


ここから本文です。

食料・農業・農村政策審議会消費・安全分科会家畜衛生部会
第13回 家きん疾病小委員会に関する概要について(平成17年6月29日)

1 日時 

平成17年6月29日(水曜日)16時30分~19時40分

2 場所
農林水産省第1特別会議室

3 概要
事務局より、各議題について説明し、委員より以下のような意見があった。

(1)茨城県で確認されたH5亜型のA型インフルエンザが分離された事例について

ア 発生農場について

抗体検査結果より当該農場の鶏舎内の4群で、ウイルスの感染があったことが確認された。ただし、臨床的な異常は激しいものではなく、死亡羽数の増加や産卵率の低下といった明瞭な異常が確認されたのは1群のみであった。

イ 周辺農場について

(ア)発生農場の周辺で確認された抗体陽性5農場については、このような事例は我が国で初めてであることから、現時点でウイルスの存在が否定できず、早期にとう汰することが望ましいとされた。
なお、今後、同じような事例が確認された場合には、別途その防疫対応について検討することとされた。
(イ)(ア)以外の移動制限対象農場については、ウイルス遺伝子検出検査において陰性であれば、鶏卵の出荷を再開して差し支えないものとされた。ただし、移動制限の期間については、防疫指針に従い、アの発生農場の防疫措置の完了後21日間とし、すべての鶏舎について、清浄性確認検査を行うこととされた。

ウ 疫学関連農場について

今般の発生の経緯を確認するため、発生農場及び抗体陽性農場の導入元農場等の疫学関連農場について、調査を進めるべきとされた。

エ 感染経路究明について

専門家からなる感染経路究明チームを編成し、疫学的・病原学的観点から、分析・評価を実施して原因究明を図り、今後の発生予防・まん延防止に資することとされた。
また、分離されたウイルスの遺伝子解析を進め、海外での分離ウイルスとの比較・検討を行うべきとされた。


(2)モニタリングのあり方

ア 今般の発生を踏まえ、一定割合以上の死亡羽数の増加や産卵率の低下等の異常の発生の把握に努め、本病の検査を積極的に実施する等モニタリングを強化することとされた。

イ 検査用の抗原や抗血清など、検査用資材の確保に努めることとされた。

 
(3)ワクチンについて

現時点でのワクチンの使用は適当でなく、これまでの基本方針を踏まえ、早期発見・早期摘発に努めるべきであるとされた。


【報道機関へのお願い】

  1. 現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むようお願いします。
  2. 今後とも、本病に関する情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することがないよう、ご協力をお願いします。

これらの防疫措置は、いずれも鶏への本病のまん延を防ぐためのものです。
鶏卵、鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていません。

 

 

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図