このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品リサイクル法用語集

食品廃棄物等

[1] 食品の売れ残りや食べ残し

[2] 製造、加工、調理の過程において生じたくず

食品循環資源

食品廃棄物のうち、肥料、飼料等の原材料となるような有用なもの

食品関連事業者

[1] 食品の製造、加工、卸売又は小売を業として行う者
  *例えば、食品メーカー、八百屋、百貨店、スーパーなど

[2] 飲食店業、結婚式場業、旅館業、内陸水運業、沿海海運業
  *食品廃棄物等の発生量が年間100トン以上の食品関連事業者については、再生利用等の取組が著しく不十分な場合、勧告・命令等の措置を実施。

再生利用等

[1] 発生抑制 食品廃棄物等の発生を未然に抑制すること

[2] 再生利用 食品循環資源を飼料、肥料、油脂及び油脂製品、メタンの原材料として、利用すること。(自ら利用、又は、他者に譲渡すること。)

[3] 減量脱水、乾燥、発酵、炭化により、食品廃棄物等の量を減少させること

特定肥飼料等

肥料、飼料、油脂及び油脂製品、メタン

再生利用事業者

食品のリサイクルを業として行う事業者

登録再生利用事業者

再生利用事業者を適確に実施しうる者として、一定の要件を満たすものについて、主務大臣による登録を行う。これにより、食品関連事業者の委託を受けて具体的な再生利用事業を実施できる優良なリサイクル事業者の育成等を図る。

再生利用事業計画の認定

食品廃棄物の排出者(食品関連事業者等)、再生利用事業の実施者(リサイクル事業者等)及び利用者(農林漁業者等)が、再生利用の実施について計画を作成した場合、認定の要件を満たすものについて、主務大臣による認定を行う。これによりリサイクル製品の利用を含めた、計画的な再生利用の実施を推進する。