このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「農林水産省電子申請システム」の廃止について

平成22年1月5日
農林水産省


農林水産省は、「e-Gov電子政府の総合窓口」を通じたインターネットによる申請等の受付(農林水産省電子申請システム)を平成22年3月末日をもって廃止します。

1 経緯

農林水産省は、申請者の利便性向上を図る観点から「e-Japan重点計画(平成13年3月 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)決定)」において「実質的にすべての行政手続の電子化を行う」とされたことを踏まえ、1,040の手続をオンライン化し、「e-Gov電子政府の総合窓口」(https://www.e-gov.go.jp/(外部リンク))から、インターネットによる申請・届出等の受付を行ってきました。
しかしながら、利用が少ないことから、IT戦略本部の電子政府評価委員会などより、運用を廃止すべき旨の評価を受けました。

2 対応

農林水産省は、評価を真摯に受け止め、平成22年3月末日をもってシステムを廃止し、4月以降は書面等による受付を行うこととしました。
なお、以下の電子申請システムは4月以降も継続します。

  • 動物検疫検査手続電算処理システム
  • 植物検疫検査手続電算処理システム
  • 漁獲管理情報システム
  • 漁獲努力可能量管理情報システム
  • 副作用報告システム

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報管理室

担当者:松田、吉田
代表:03-3502-8111(内線3611)
ダイヤルイン:03-3502-5632