このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

フィリピンによる日本産食品等の輸入規制について

1.食品等の輸入規制について

日本から輸出される食品等に対するフィリピン政府による輸入規制措置は以下のとおりです。

対象品目 対象地域 規制内容
牛肉、野菜・果実、植物、種苗等 福島、茨城(2県) 指定検査機関作成の放射性物質検査報告書を要求
2県以外 産地証明書を要求
水産物 福島、茨城、栃木、群馬(4県) 指定検査機関作成の放射性物質検査報告書を要求
4県以外 産地証明書を要求

2.産地証明書について

各商工会議所によるサイン証明が産地証明として認められています。
商工会議所における申請手続等に関する情報につきましては、最寄りの商工会議所までお問い合わせください。

3.輸出される食品等に係る放射性物質検査について

放射性物質検査の実施機関については以下のページでご確認ください。

4.輸入規制の経緯

お問合せ先

食料産業局輸出促進課

代表:03-3502-8111(内線4309)
ダイヤルイン:03-6744-2061
FAX:03-6738-6475

問合せ受付時間:平日09時30分~12時00分、13時00分~18時15分

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader