ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > 農林水産物等の輸出促進対策 > 東京電力福島第一原子力発電所事故に係る諸外国・地域の規制の経緯 > シンガポール向け輸出証明書等の概要について


ここから本文です。

シンガポール向け輸出証明書等の概要について 

輸出される食品等に関する輸入規制について

証明書発行に関する様式等について(現行要領)New

 重要

平成26年10月1日以降、産地証明対象の福島県産品を輸出する場合の留意点

1.産地証明に加え、市町村品目ごとに、検査機関発行の放射性物質検査結果の報告書(以下、検査報告書)の添付が必要です。

(なお、検査報告書は、同一市町村・品目であれば、次回以降の輸出の際には、初回輸出時の写しを添付できます。(写しは、3ヶ月間有効。))

2.福島県産米を輸出する場合にも、産地証明及び検査報告書が必要です(次回以降は、上記1同様)。

3.出港の前日までに、シンガポール農食品獣医庁に対し、「産地(市町村)」、「品目」、「到着地(港又は空港)」、「到着予定日」、「輸入者名」を事前通知する必要があります。

◆シンガポール農食品獣医庁:電話:+65-6325-7576 、E-mail:ava_import&export_foodstuff@ava.gov.sg  又は、TradeNet®:https://www.tradexchange.gov.sg を通じて通知。

輸出される食品等に関する証明書の発行事務処理要領(旧要領  平成27年2月1日廃止)

平成27年7月末まで旧要領に定められている方法により書面で申請することができます。

           (別記様式1-1)   輸出者用(エクセル:149KB)別添リスト(任意様式)(エクセル:40KB) (別記様式1-2共通)

           (別記様式1-2)   代理人用(エクセル:177KB)委任状(ワード:26KB)(各国共通)

*輸出者とは、インボイス、B/L、AWBに輸出者として、氏名が記載されている者

代理人とは、輸出者以外の者(申請する場合、委任状の提出が必須です)

           (別記様式3)  輸出される食品等に関する確認書(ワード:37KB)(各国共通) 【必要に応じて提出】 

 

<参考資料>

輸出される食品等に係る放射性物質検査について

その他 

重要

産地証明については、福島県産の食品を除き、各商工会議所が発行するサイン証明が認められています。

各商工会議所による産地証明(サイン証明)の発給(PDF:204KB)

日本商工会議所HP「今後のシンガポール向け日本産食品の産地証明に関する対応について(外部リンク

 

お問い合わせ先

食料産業局輸出促進課
代表:03-3502-8111(内線4309)
ダイヤルイン:03-6744-2061
FAX:03-6738-6475

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図