このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

とりすぎに注意、ビタミンA

ビタミンAは、目や粘膜を正常に保つなどの働きがあります。不足すると夜盲症(暗いところで物が見えにくくなる)などの症状がでるので、必要量をとることが重要です。しかし、サプリメントを使うなどしてビタミンAを多量にとりすぎると、次のような症状がでることが報告されています。

  • 急性の中毒症状
    腹痛、悪心、おう吐、めまいなどが出現した後に全身の皮膚が薄くはがれる
  • 慢性の中毒症状
    全身の関節や骨の痛み、皮膚乾燥、脱毛、食欲不振、体重減少、頭痛、奇形を起こす可能性(胎児に悪い影響が出るおそれ)、骨密度の減少、骨粗しょう症など

詳しく知りたい方は次のページをご覧ください。
ビタミンAの過剰摂取による影響[外部リンク:食品安全委員会](PDF:396)

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課

担当者リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4474)
ダイヤルイン 03-3502-5719
FAX03-3597-0329