このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

妊婦さんに大切なビタミン、葉酸

  • 印刷

葉酸は、細胞の分化に不可欠なので、妊娠初期の胎児には特に重要です。

十分な量の葉酸を受胎前後にとることで、二分脊椎(せきつい)無脳症などの神経管閉鎖障害になる可能性を低減できることが多くの研究で明らかになりました。

日本でも、平成12年に厚生労働省が「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」という通知を出し、妊娠の可能性のある女性に対して葉酸の摂取を推奨しています。

葉酸は赤血球の形成を助けるなどの働きを持っています。不足すると造血機能の異常から、ある種の貧血になることがあります。葉酸は全ての方に必要な栄養成分ですが、特に妊娠している方や妊娠を計画している方には、神経管閉鎖障害になる可能性を低減するために1日あたり400 マイクログラムの摂取が推奨されています。1日あたり400マイクログラムの葉酸は、例えば野菜を1日350グラム程度食べるなど各食品について適正な摂取量を確保すれば、摂取が可能です。国立保健医療科学院・葉酸情報のページでは、野菜や果物などの食品に、葉酸がどのくらい含まれているか、わかりやすく紹介されています。


神経管閉鎖障害

神経管閉鎖障害とは、お母さんの子宮内で赤ちゃんが成長する初期の段階で作られる脳や脊髄のもとになる神経管と呼ばれる部分が、きちんとした管の形にならないために起こる障害で、遺伝などを含めた多くの要因が関係して発症するものです。

「二分脊髄」では、生まれたときに腰部の中央に腫瘤のあるものが最も多く、重篤な場合には下肢の麻痺を伴うものもあります。また脳に腫瘤のある「脳瘤」や脳の発育ができない「無脳症」などもあります。

 

葉酸の名前の由来

葉酸は、ほうれんそうの抽出物から発見された水溶性ビタミンB群の一種で、ラテン語の「葉」を意味する「folium」と「酸」を意味する「acid」から、葉酸(folic acid)と命名されました。

葉酸は、その名称と由来から植物性食品だけに含まれているように思われますが、動物性食品である牛やブタのレバーなどにも多く含まれています。 

 

参考ページ

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について(外部リンク:厚生労働省)

葉酸情報のページ(外部リンク:国立保健医療科学院)

「健康食品」の安全性・有効性情報(外部リンク:独立行政法人国立健康・栄養研究所)

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974