ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 安全で健やかな食生活を送るために > 表示のかしこい見かた > 食品添加物の表示


ここから本文です。

更新日:平成25年11月20日

 

食品添加物の表示

私たちが食べている加工食品には、食品添加物が使われているものが多くあります。食品添加物を使う目的や表示などについて説明します。

食品添加物って?

なぜ使うの?

私たちが食べている食品には、次のような目的でいろいろな食品添加物が使われています。

どのように表示されているの?

「卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに」から作られた食品添加物はどう表示されるの?

  卵や乳、小麦、そば、落花生、えび、かには、人によってはアレルギーの原因となることが知られています。これらの食品から作られた食品添加物が使われた場合には、卵、乳、小麦、そば、落花生、えびおよびかに由来であることが表示されます。

食品添加物の「使用基準」や「成分規格」について

食品添加物についてもっと詳しく知りたい方へ

 

(注)

  • なお、このサイトは、消費者の皆様が安全で健やかな食生活を送るために役立つ情報を、代表的な事例を例に引きながら、なるべくわかりやすく掲載したもので、ここに掲載している情報がすべての情報ではありません。
  • 食品添加物の表示について より詳しく知りたい方は、次の消費者庁のサイトをご覧ください。 
  • また、食品添加物の安全性等に関する情報は次のサイトをご覧ください。
  • なお、食品添加物の表示に関する事業者の方のお問い合わせは、お手数ですが、所管する消費者庁(代表:03-3507-8800)、あるいは最寄りの保健所へお願いします。

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図