このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

どんな農薬が使われているの?

  • 印刷
掲載日:平成20年8月29日

農薬には、粒状、粉状、液状など、さまざまな形のものがあり、含まれている有効成分(殺虫や殺菌などの効果を持つ成分)もさまざまです。このように色々なものがあるのは、農薬を使いやすく、効果が高く、健康や環境への影響が少なくなるように改良してきたためです。

農薬の使いかたもさまざまです。

 
水で薄めた農薬をまく様子
 
粒状の農薬をまく様子
土中に農薬を注入する様子 
水で薄めた農薬を農作物にまく様子
粒状の農薬を土にまく様子
土の中に農薬を注入している様子

 

日本では、国の政府が次のことを確かめ、使ってよい農薬を決めています。

  • 使用している人の健康への影響
  • 使用した農薬が残っている農作物を食べた人の健康への影響
  • 環境への影響
  • 農薬を使うことによる植物(農作物)へ与える害
  • 農薬としての効果

農薬のラベルを見ると、農薬がどんな形をしているか、どのような有効成分がどのくらい含まれているかがわかります。

農薬のラベルの一部分

図:農薬のラベルの一部

 

麦の写真

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政・食育課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974