このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

卵の扱いかた

  • 印刷

保存

  • 買い物から帰ったらすぐに冷蔵庫に保存しましょう。冷蔵庫では卵のとがった方を下にして保存しましょう(「冷蔵庫のかしこい使いかた」)。
  • 冷蔵庫から頻繁に出し入れするのはやめましょう。卵の温度が変化したり、水滴がついたりすると傷みやすくなります。
  • 古いものから順に食べるようにしましょう。
  • 卵にひびが入ってしまった場合、すぐに気がついたときは十分加熱してから食べるようにしましょう。しばらく保存してからひびに気がついたときは食べるのをやめましょう。

調理

  • 卵の殻が汚れているときは、必要に応じ調理する直前に洗って使いましょう。
  • 調理する直前に卵を割りましょう。
  • 卵をいくつか使う料理を作るときは、入れものを2つ用意して、片方の入れものに1つずつ割り、傷んでいないことを確認してからもう片方の入れものに移して混ぜましょう。こうすれば途中に割った卵が傷んでいても先に割った卵が無駄になりません。
  • 生や半熟の卵料理を楽しみたいときは、賞味期限内の卵を使いましょう。賞味期限を過ぎてしまうと食べられなくなるわけではありません。賞味期限を過ぎたものは、十分加熱して食べましょう。
  • 卵の調理に使った調理器具は、使い終わったらすぐに洗いましょう。

食べるとき

  • すき焼きなどで生卵を食べるときは、卵を割り入れる食器に卵を殻ごと入れておくのはやめましょう。また、卵は食べる直前に割りましょう。

卵の見分けかた

  • 卵を割ったときに、卵黄と卵白が盛り上がっているものが新鮮です。

 

(参考)