このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

こどもそうだん

しつもん

日本人は大豆をむかしから食べているのに、なぜ自給率(じきゅうりつ)が低いのですか。

質問者:中学生

こたえ

大豆製品といえば、みそ、しょうゆ、豆腐(とうふ)、納豆(なっとう)、煮豆(にまめ)に油揚(あ)げ、おせちの黒豆・など、大豆は日本人にとって馴染(なじ)みの深い作物です。日本人が一年間に食べる大豆の消費量(しょうひりょう)は平成13年で、約507万トンですが、そのうち約381万トンはサラダ油などの精油(せいゆ)用に使われ、残りのうち、約100万トンが、豆腐、納豆、みそ、しょうゆなどの食品用として利用されています。平成13年産の国産の大豆は、27万1千tが生産されており、食品用の自給率は26%となっています。(全体では5%)大豆の自給率の伸び悩(なや)みの理由としては、(1)大豆は単収(たんしゅう)が低くかつ豊凶変動(ほうきょうへんどう)があり収益(しゅうえき)が安定しないこと、(2)機械化(きかいか)が遅(おく)れ多労(たろう)を要すること等が作付意欲(さくつけいよく)を大きく減退(げんたい)させていることがあげられます。最近は、消費者の食の安全性や生産履歴情報(せいさんりれきじょうほう)を確保(かくほ)する要請(ようせい)が高まっており、地産地消(ちさんちしょう)運動の高まりから国内産大豆の人気が高まっています。このため、作付を担(にな)い手に集積(しゅうせき)し、栽培技術(さいばいぎじゅつ)の高度化による多収化(たしゅうか)、機械化一貫体系(きかいかいっかんたいけい)の普及(ふきゅう)による省力化(しょうりょくか)を推進(すいしん)することにより大豆生産の安定化を促進(そくしん)しています。

平成15年8月にお答えしました。

お問合せ先

消費・安全局消費者情報官消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529