このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

こどもそうだん

しつもん

どうして北海道、東北、新潟で米の生産量が多いのですか。

質問者:中学生

こたえ

米はもともと暖かいところほど生産量が多いと思われがちですが、北海道、東北などで多いのは、

  1. 寒いところでもできる米の品種改良(ひんしゅかいりょう)や栽培技術(さいばいぎじゅつ)が向上したこと
  2. 昼の気温と夜の気温の差が大きいことが稲の生育(せいいく)にはよい条件となって収量(しゅうりょう)が多くなるためです。

また、新潟では、昔から地域的(大都市から比較的遠い)にも気候的にも他の農作物を作るよりも、米を作る方が農業経営(のうぎょうけいえい)が安定するため、米を作って来たことが生産量が多い原因の一つです。

平成16年5月にお答えしました。

お問い合わせ先

消費・安全局消費者情報官消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529