このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

バナナには種(たね)がないようですが、どうやって増(ふ)やすのですか。

こたえ


バナナにも、もともとは種がありましたが、今、ふつうに食べているバナナには種がありません。種のないバナナは、茎(くき)の根(ね)っこの脇(わき)から出てくる新芽(しんめ)を使(つか)って、次(つぎ)の代(だい)のバナナを育(そだ)てます。まず、新芽の中からよい芽だけを選(えら)んで2か月ほど苗(なえ)を育てます。つぎに、大きな畑に植(う)えかえて6か月ほどたつと、赤紫(あかむらさき)色の花がつきますが、やがてこの花の苞(ほう)という部分が1枚ずつめくれて、バナナの実(み)が顔を出します。さらに3か月ほどたって、ひとつひとつの実が十分(じゅうぶん)に育つと収穫(しゅうかく)することができます。 参考資料 日本バナナ輸入組合のホームページ「バナナ大学」公表資料


平成18年8月にお答えしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115