このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

外国でモチモチした食感のトウモロコシを食べましたが、これは日本で生産されているトウモロコシと違うのですか。

回答

質問のトウモロコシは、以前、日本でも生産されていた「糯種(もちしゅ)」(ワキシーコーン)と考えられます。トウモロコシの種類には、(ア)馬歯種(デントコーン、飼料用)、(イ)硬粒種
(フリントコーン、食用・飼料用・工業用など汎用種)、(ウ)甘味種(スイートコーン、生食用・缶詰用)、(エ)爆裂種(ポップコーン、菓子用)、(オ)糯種(ワキシーコーン、モチや工業原料用)
があります。現在、日本では甘くてシャキシャキした食感の甘味種(スイートコーン)が全盛ですが、以前は日本でも糯種がよく食べられていたようです。今でも糯種の種子は、「もちトウ
モロコシ」などの名前で国内の種子会社などから販売されているようです。

参考資料

「作物栽培の基礎」農文協

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者情報官消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529