このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

ヒヨコマメとは、どのような豆ですか。

回答

ヒヨコマメ(鶏児豆)は、アジア西方が原産で、その後、そこからインドやヨーロッ
パに広がったものと考えられています。現在は、主生産国のインドを中心に、西アジア、
中南米などで広く栽培されています。大きさは普通のダイズと同じくらいで、1個の突
起が鳥の頭のような形であることが名前の由来とされています。
成分としては、炭水化物約60%、たん白質約20%、脂質約5%が含まれており、イン
ドでは挽き割り豆(ダール)としてスープやカレーなどで常食され、輸入国である我が
国では煮豆、揚げ豆、スープ、餡などに使用され、おつまみとしてもかなり出回ってい
ます。

参考資料

「食品図鑑」(女子栄養大学出版部)、「新版食材図典生鮮食材篇」(小学館)

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者情報官消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529