このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

 日本三大珍味といわれている「うに」、「このわた」、「からすみ」について教えてください。

回答

 「うに」、「このわた」、「からすみ」は、江戸時代から日本三大珍味といわれていたようです。
  「うに」は「生うに」ではなく、ウニの生殖巣を原料とし、塩を混ぜ合わせてペースト状にした「塩うに」のことで、「うに塩辛」とも言われます。福井県で製造された「越前雲丹」が古くからよく知られていました。
  「このわた」とは、ナマコの腸を塩漬けし熟成させたものです。ナマコの異称が「こ」で、その腸であることから、「このわた」と呼ばれるようになり、古くは能登、尾張、三河の「このわた」が将軍家への献上品として使われていたようです。
  「からすみ」はボラの卵を塩蔵し、乾燥させたもので、その形が、「唐の墨」に似ていることが名前の由来のようです。古くは、ギリシャ、トルコ、エジプトで製造され、承応元年(1652年)に中国から長崎に伝来したと言われています。

参考資料

(参考資料:「全国水産加工品総覧」  (光琳))

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529