このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

スーパー等で購入した野菜や果物に入っている種を育てて収穫し、販売する行為は、何らかの権利侵害にあたりますか。

回答

食用として購入した野菜等から得た種子を用いて栽培し、得られた苗や収穫物を販売すると種苗法違反となる可能性があります。
  種苗法において、『育成者権者は、新品種として登録を受けている登録品種を業として利用する権利を専有する』と規定されています。このため登録品種を業として利用(種苗の生産、増殖、譲渡、栽培など)する場合には、育成者権者の許諾が必要です。
  種苗法に基づく登録品種でない品種の種苗の利用については、種苗法上の制限はありません。登録品種かどうかは、農林水産省の品種登録ホームページの検索サイトで確認することができます。なお、収穫物の販売時の名称と品種名が異なる場合がありますので注意してください。
 
  【参考】
  *当省HP「品種登録ホームページ」↓
  http://www.hinshu2.maff.go.jp/
  *種苗法↓
  http://www.hinshu2.maff.go.jp/act/houritu/00-syubyouhou.pdf(PDF:243KB)
 

 

参考資料

 

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋

ダイヤルイン:03-3591-6529