このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

ホームフリージングを行う際は、どんな点に注意すればよいですか。また、どのような食品がホームフリージングに向きますか。

回答

家庭用冷蔵庫の冷凍室で、食品を凍結・保管することをホームフリージングといいます。日本の家庭用冷蔵庫の冷凍室の温度は、JIS規格で-18℃以下と決められているため、市販の冷凍食品(-30℃以下の低温で急速凍結を行い、-18℃以下で管理されたもの)など、既に凍っているものを保存するには適していますが、食品を凍結するには不十分な緩慢凍結となり、解凍したときに元の品質に戻らない場合があります。
    なお、最近はホームフリージング用に、-40℃程度の冷気で急速凍結できる機能付きの冷蔵庫も普及してきましたが、多くの場合、最初の品質をそのまま保つことは難しいです。もし、ご家庭でホームフリージングを行う場合は、以下の点に注意して行いましょう。
   
    【ホームフリージングについての注意点】
      (ア)なるべく速く凍らせる
      調理した食品を冷まし、金属製など熱伝導性の良い容器に食品の厚さを薄く並べて、冷凍室の温度調節を最も冷える状態にセットして凍結します。冷凍室に急速凍結の機能があれば、これを利用しましょう。
      (イ)しっかり包む
      乾燥や脂肪の酸化を防ぐため、ラップやジッパー付き保存袋などを活用し、できるだけ空気を遮断しましょう。
      (ウ)衛生的に取り扱う
      フリージング前の取扱いは、手や道具・器具をよく洗うなど、衛生に注意し、微生物、異物の汚染を防ぎましょう。
      (エ)早めに使い切る
      緩慢凍結による組織の傷みや保存中の品温変化により品質低下が早く進む場合があるので、2~3週間以内に使い切りましょう。
     
    【ホームフリージングに向く食品と向かない食品】
      (ア)ホームフリージングに向くもの
      下味をつけた肉や魚、調理したおかず、干物など乾燥させた食品、また、スープやソース類、裏ごしした野菜など、すでに組織が壊れているもの。パン、ごはん、もち、納豆なども品質低下が少ないため、ホームフリージングに向いています。
      (イ)ホームフリージングに向かないもの
      食品中の水分が多い生野菜や組織がやわらかい魚介類など。特にお店で解凍して売られている生ものは再凍結することになり、美味しさも栄養も極端に落ちてしまいます。また、生卵やゆで卵、牛乳や生クリーム、豆腐やこんにゃく、プリンやゼリーなどもホームフリージングに向かない代表的な食品です。
     

参考資料

参考文献:「冷凍食品Q&A」一般社団法人日本冷凍食品協会発行
一般社団法人日本冷凍食品協会HP「ホームフリージング」

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529