このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

特別展示情報

平成25年後期(9月~12月)スケジュール

 平成25年12月5日現在

平成25年9月~12月の特別展示スケジュール(平成25年8月29日現在)(※12月6日までの開催情報です)(PDF:251KB)  

 

期間特別展示名開催目的展示内容担当
毎日楽しい米粉の食卓 米粉を食卓に並ぶ食材として手軽に使用してもらえるように普及を図る。
米粉製品(パン、麺、ケーキ、菓子等)を紹介します。
卓上製粉機による精米から米粉への製粉の実演を行うとともに、米粉レシピ等のパンフレットの配布やパネルやポスターを使い、米粉を使った楽しい食卓を提案する展示を行います。 
生産局
農産部穀物課 
魚の国のしあわせ~手軽で気軽な魚の食べ方提案~ 魚食文化の啓蒙を行うとともに、魚、米、野菜を中心とした日本型食生活の普及を図る。  秋はさんま、鮭等いろいろな魚が旬を迎えるため、「手軽で気軽な魚の食べ方」、「伝統的な料理」、「栄養バランスのとれた日本型食生活の方法」をパネル等で紹介します。
また、「ファストフィッシュ」商品などの加工品の展示・試食、「魚を目利きする体験コーナー」も設置します。 
水産庁
加工流通課 
 木づかい推進月間~身近な国産材製品と木育のご紹介 木製品の素晴らしさを再認識してもらい、日常生活に国産材製品を取り入れていただく。  木を使うことは、地球温暖化防止につながります。
「木づかい」とは、暮らしの中に国産材の製品をどんどん取り入れて、日本の森林を育てるエコ活動です。
10月の「木づかい推進月間」に向けて、家庭やオフィスで使える「国産材製品」と「木育」を紹介します。 
林野庁
木材利用課 
平成25年9月30日~10月4日 特用林産物に関する理解の促進と普及による需要拡大を図る。 10月15日は「きのこの日」。きのこ類をはじめ、山菜、木炭、竹炭の特用林産物について、パネル、パンフレット等によりわかりやすく解説するとともに、きのこや木炭等を展示・紹介します。
林野庁
経営課
特用林産対策室
 平成25年10月7日~10月11日 おいしい!~意外とスゴイ冷凍食品~  「冷凍食品の日(10月18日)」に向けたPRと冷凍食品の優れた点を広報し普及を図る。 冷凍食品は、皆様の食卓で身近なものとなっていますが、「簡単・便利」以外にも、凍結状態のため細菌が活動できず衛生的なことや、急速凍結により栄養や美味しさが保たれていること等、知られていない魅力がたくさんあります。
また、給食や外食産業等でも多くの冷凍食品が使われていることも紹介します。 
食料産業局
食品製造卸売課 
間伐推進強化月間~森林を元気にする間伐及び間伐材の利用のご紹介 間伐及び間伐材の利用の推進を図る。 森林の持つ多面的な機能の保全・強化のための間伐実施の取組の紹介、間伐材製品の展示など間伐の推進、間伐材の利用促進に向けた普及啓発、間伐材マークの紹介等を行います。 林野庁
整備課
造林間伐対策室
平成25年10月21日~10月25日 みやぎの農業農村復旧・復興展 震災からの復旧・復興状況等と宮城県産の食材等のPRを行う。 宮城県の農業や農村の東日本大震災からの復旧・復興に関するパネル展示の他、宮城県の農林水産物を始めとする様々な食材等を紹介します。
宮城県
農林水産部
農村振興課
環境に貢献するエコファーマーの活動  環境に配慮して生産された農産物や加工品を購入することで消費者も環境保全に貢献可能であることのPRを行う。  環境に配慮した農業の推進に関する施策を紹介します。また、エコファーマーを実践している技術とそれにより生産された農産物及び加工品等、エコファーマーの組織である「全国エコファーマーネットワーク」の活動を紹介します。  生産局農産部
農業環境対策課 
平成25年11月5日~11月8日 ソースのヒミツ -大地の恵みを“ギュッ”ソースは自然がくれた調味料!-  ソースについて興味をもっていただけるよう、様々な情報を提供する。  「ウスターソースを最初に作ったのは誰?」、「どんなふうにして作られているの?」皆さんが、気にはなっていたけれど知らなかった、そんなソースのお話を御紹介します。
ソースのおいしさや良さをアピールし、かけるだけでなく「焼く」、「煮る」、「隠し味」など、様々なソースの使い方も紹介します。 
食料産業局
食品製造卸売課 
平成25年11月11日~11月15日 福島県産米の復興に向けた取組み  福島県産米の復興への取組みを紹介し理解を深めていただく。  福島県産米の放射性物質の全量全袋検査の取組みをパネル等で展示します。福島県の水稲オリジナル品種「天のつぶ」をパネル等で紹介します。  福島県
農林水産部
水田畑作課 
平成25年11月18日~11月22日 二人の間に花が咲きます~感謝を込めて花を贈る、11月22日 いい夫婦の日~  「いい夫婦の日(11月22日)」を新たな花贈りの物日として定着させることを目指し、花きの魅力をアピールすることで、花きの消費拡大を目指す。  花き業界では「いい夫婦の日にお花を贈る」キャンペーンを実施しています。
贈り物に適したフラワーアレンジメントや鉢花を展示するとともに、家庭での花の飾り方・育て方、花の効用・魅力等を紹介します。 
生産局
園芸作物課
花き産業・施設
園芸振興室 
平成25年11月25日~11月29日 JASの週~JASマークと食品表示を見てみよう!!~  JASマーク制度や食品表示等の紹介を通じ、それらの理解を深めていただく。 11月はJAS普及推進月間です。商品の品質を保証するJASマークには、実は色々な種類があります。
当日は、JASマークが付いている商品を実際に手にとって見ていただけるよう、会場に多数展示するとともに、JASマークと食品表示等による消費者への情報伝達の仕組み、それらの違反に対する取組について紹介します。 
消費・安全局
表示・規格課 
国有林野で遊び、学ぼう! 国民に開かれた国有林の取組を紹介する。 ボランティア団体などによる森林整備活動や森林環境教育の取組など国有林野を利用した様々な取組を紹介するほか、全国各地にある「レクリエーションの森」におけるスキーをはじめとした森林レクリエーションについて紹介します。 林野庁
経営企画課
国有林野総合利用推進室
<追加開催>
 和食;日本人の伝統的な食文化
日本の食文化について、理解と関心を深めていただく。
日本の食文化の特徴や、日本各地の多様な食文化の紹介、江戸時代の食文化の展示などを行います。 大臣官房政策課食ビジョン推進室

 

※この特別展示スケジュールは、予告なく追加・変更されることがあります。
(1)入場は無料です。
(2)特別展示は、期間中の月曜日から金曜日まで行っています。ただし、祝祭日、年末年始は閉室です。
(3)開室時間は、10時から17時までです。ただし、展示初日は12時から17時、展示最終日は10時から13時です。

 詳しくは、消費者の部屋にお問い合わせ下さい。 電話:03-3591-6529

 

農林水産省本省「消費者の部屋」の御案内」

「消費者の部屋」は、農林水産省が消費者の皆さまとコミュニケーションを深めるために、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。

特別展示ではこれまでに延べ190万人を超える方々にご来室いただいております。これからもよりよい消費者行政を目指して参りますので、どうぞお気軽に御利用下さい。

 

【連絡先】

住所 : 〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1

電話 : 03-3591-6529 (一般相談)

 03-5512-1115 (子ども相談)

ファックス : 03-5512-7651

開室時間 : 月~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。)
(ただし、特別展示の初日は12時から、最終日は13時まで)

 

【交通のご案内】

       map

東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線の霞ヶ関駅下車。
A5、B3aの出口すぐ。

 

 

 

 

お問い合わせ先

消費・安全局消費者情報官消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader