ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > JAS規格 > 食品表示について > 食品の期限表示について


ここから本文です。

 

食品の期限表示について

今日食べる予定なのに、賞味期限が先の商品を探して買っている。食品を買ったものの冷蔵庫に入れたままにしておいたらいつの間にか賞味期限が過ぎていたという経験はありませんか?その時、期限を過ぎているから食べるとおなかを壊す?それとも、日数を過ぎていても五感で確かめれば食べられる?

まずは期限表示を正しく理解することが大切です!

このページでは、期限表示(賞味期限や消費期限)を皆様に正しく理解していただくための情報を書いてありますので、明日からの買い物に役立ててください!

期限表示とは何でしょうか

全ての加工食品には、賞味期限又は消費期限のどちらかの期限表示が表示されています。(一部の食品を除く)

期限表示は、開封前の期限が表示されていますので、一度開封した食品は、表示されている期限にかかわらず、早めに食べるようにしましょう。 

このため、開封後の商品の日持ちについては、消費者の皆様が自ら判断する必要がありますので注意してください。


賞味期限 Best-before

おいしく食べることができる期限です。

この期限を過ぎても、すぐ食べられないということではありません。

定義:定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日をいう。ただし、当該期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されていることがあるものとする。


消費期限 Use-by date

期限を過ぎたら食べない方が良いんです。

定義:定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日をいう。

  

賞味期限と消費期限のイメージ 

 

期限の設定は誰がどのようにして行うのでしょうか?

食品の情報を正確に把握している製造業者等が科学的、合理的根拠をもって適正に設定しています。

 

食品を無駄にせず、環境のことも考えた食生活にしたいですね

賞味期限が切れてもその食品が直ちに食べられなくなる訳ではありません。

こうした点を正しく理解していただき、廃棄等による社会的なコスト等も考慮しながら、買い物、保存等を行っていただくことは、食料の安定供給の観点のみならず、環境配慮の観点等からも望ましいことです。

期限表示の意味を正しく理解して、これからも食品ロスを減らす努力も大切ですね。
 
キーワードは「もったいない」です!

 

~  ここからは詳細な情報を載せていますので、じっくり読んで期限表示の理解を深めてください。  ~

 クイズもありますので、期限表示をマスターしてチャレンジしてください! 

 

《とりまとめ表》

  賞味期限 消費期限
どんな意味なの? おいしく食べることができる期限(best-before)。この期限を過ぎても、すぐ食べられないということではない。 期限を過ぎたら食べない方がよい期限(use-by date)。
どう表示されているの? 3ヶ月を超えるものは年月で表示し、3ヶ月以内のものは年月日で表示。 年月日で表示。
どのような食品が対象なの?

消費期限以外の食品。例えば・・・、

スナック菓子、カップめん、缶詰等

賞味期限以外の食品。例えば・・・、

弁当、サンドイッチ、生めん等

開封したらどうすればよいの? 開封する前の期限を表しており、一度開封したら期限にかかわらず早めに食べましょう。 開封する前の期限を表しており、一度開封したら期限にかかわらず早めに食べましょう。

 

参考情報 

  1. 期限表示に関するパンフレット(知っていますか)(平成20年1月)(PDF:1,373KB)
  2. 期限表示に関するパンフレット(用語の統一)(PDF:434KB)
  3. 加工食品の表示に関する共通Q&A(第2集:消費期限又は賞味期限について)(PDF:414KB)
  4. 食品期限表示設定のためのガイドライン(PDF:19KB)
  5. JAS法に関する表示全般
  6. 食品の表示に関する共同会議

  

お問い合わせ先

お問い合わせ先は、http://www.maff.go.jp/j/jas/hyoji/phone.htmlをご覧ください

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図