このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

制定したJASのPR動画を配信しています。

障害者が生産行程に携わった食品(JAS 0010)

平成31年3月、障害者が生産行程に携わった食品のJAS(JAS 0010)ができました!
農業分野での障害者の活躍を支援する取組として、「農」と福祉の連携である農福連携を推進しています。ノウフクJASにより、多様な人々がかかわる共生社会の実現を後押しします。

JASの掲載ページはこちら!

人工種苗生産技術による水産養殖産品(JAS 0005)

平成31年1月、いわゆる完全養殖など、たね(受精卵)から成魚に育成する人工種苗生産技術を用いた養殖に関するJAS(JAS 0005)ができました!
この養殖技術は、海洋水産資源の保全に繋がることが期待されます。

JASの掲載ページはこちら!

有機料理を提供する飲食店等の管理方法(JAS 0004)

平成31年1月、有機食材を使った料理を提供する飲食店等が、正しい情報を提供するためのJAS(JAS 0004)ができました!
有機料理を望む皆様の期待に応え、有機農業の取組拡大に繋がることが期待されます。

JASの掲載ページはこちら!

青果市場の低温管理(JAS 0011)

青果市場での野菜や果実の低温管理を定めたJAS(JAS 0011)ができました。
セリや保管中も野菜や果実を低温で扱うことで、農場から食卓までのコールドチェーンにより、新鮮なままでお届けできるようになります!

JASの掲載ページはこちら!

人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理(JAS 0012)

人工光型植物工場での栽培管理能力の評価のチェック事項を定めたJAS(JAS0012)ができました。
取引先に対し、栽培管理能力があることをアピールすることが可能になります!

JASの掲載ページはこちら!

お問合せ先

食料産業局食品製造課基準認証室

代表:03-3502-8111(内線4480)
ダイヤルイン:03-6744-2096