このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

新JASマーク

日本をアピールするのはどのマーク?
特色のある規格の新JASマークを皆さんの投票で選びます!
Which of these designs appeals Japan the most?
New JAS logo with unique product contents.
Let's vote to choose one!

JAS :日本農林規格
《Japanese Agricultural Standard》

皆さんおなじみのJASマークは、大きくわけてふたつの種類があります。
ひとつはしょうゆや木材などに表示され、広く知られているいわゆる丸JASマークで、これは平準化を目的とした規格に対するものです。
もうひとつは「地鶏肉」や「熟成ハム」、「生産情報公表農産物」など、特色のある規格に対するもので、これには現在3種類のマークがあります。

今回、この特色のある規格のマークを統一し、新たなマークを皆さんの投票で決定します。

新JASマークは、

  • 国内外にその商品や製造業者に際立った特徴があることが訴求できる
  • パッケージ上の限られた面積で表示しやすく、単色で印刷できる
  • 何の規格であるかの内容をデザインの内部又は周辺に記載できる

という条件で3案をデザインしました。

国内はもちろん、今後、農林水産物・食品の輸出増加を目指す中、海外市場においても、「日本らしさ」や「特別」をアピールできるデザインをひとつ選んでください。
皆さん、ふるって投票にご参加ください!
投票期間:2018年9月4日(火曜日)~9月30日(日曜日)23時59分まで

The JAS logos that are familiar to you at present can be roughly divided into two types. One is the most known round-shaped JAS logo that’s used for items such as soy sauce and lumber. This is given to the standards for leveling. Another one is given for standards that have distinctive features such as “Jidori chicken ”, “Cured ham”, and “agricultural products with information disclosed”. As for this type, we now have three logos.
This time, we will unify these three to make a new one with your vote.

We have designed three patterns to be a new JAS logo under the conditions below.
It can appeal distinctive characteristics of the products or manufactures to the people in and outside Japan.
Within the limited space on a package, it's easy to see and can be printed in a single color.
Description of what specification this product applies can be printed within the design or around it.
Not only in Japan, but also worldwide, in aiming to increase exports of agricultural, forestry and fishery products, we would like you to select one design that appeals to people “unique to Japan” and “special” in foreign markets. Please join us and vote!
Voting period: From Monday, September 4, 2018 until Sunday, September 30 [23時59分], 2018

  • A案(Design A)
    「富士山」と、「日の丸」です。
    規格の内容は、富士山の裾野に書き込みます。

    This features Mt. Fuji and Hinomaru (flag of Japan).
    The contents of specification will be printed under the foot of Mt. Fuji.
  • B案(Design B)
    「桜の花がデザインされたタグです。
    規格の内容は、タグの右側のスペースに書き込みます。

    This features Sakura (cherry blossoms).
    The contents of specification will be printed on the right side.
  • C案(Design C)
    「世界や未来へ伸びていく道」のデザインです。
    規格の内容は、マークの下に書き込みます。
    This features the image of "the road leading toward the world and the future".
    The contents of specification will be printed under the logo.

 


投票する(Vote)            実用イメージ(See the practical example)




◆マークについてもう少し詳しく

     A little more on the logos . . .

 しょうゆや木材、有機食品など、一定の品質や特色をもつものに表示されるJASマークは、現在5種類あります。今回、既存の3種類のマークを統合し、高付加価値性やこだわり、優れた品質や技術など、差別化を目的として表示されるJASマークを新たに制定し、日本産品やサービスのさらなる差別化・ブランド化を後押しします。

 今年度4月に本格的にスタートした新しいJAS制度では、これまでの品質や生産方法に加え、企業の経営管理方法や、特定分野のインストラクター等個人の能力に関する基準など、規格化できる範囲が大幅に拡大しました。さらに、民間から規格化提案がしやすくなるよう、規格化までの流れを整理したマニュアルを整備するとともに、相談体制を整えました。こうした状況のもと、今後は差別化目的規格の一層の増加が見込まれるため、混乱を避け、マークの認知度をより高めるため、特色のある規格のマークを新たなデザインで統一することといたしました。

 

Right now we have five types of JAS logos being used for items such as soy sauce, lumber, organic food, etc. that have certain levels of quality and characteristics. This time, we will combine the three existing logos, and set a new JAS logo that will be used to differentiate the superior quality and technologies. Thus, we will aim to enhance and boost further differentiation and establishment of the brand for the Japanese products and services.

The new JAS logo labeling system started in full scale in April this year, and in addition to the previous quality and production method, the range that can be standardized such as companies’ business management methods and criteria on individual capabilities like instructors in specific fields, has been expanded.

Furthermore, to help people make standardization proposals much easier than before, we have prepared a manual that explains the flow of standardization and prepared a consultation system. Under such circumstances, we can anticipate further increase of products with differential standard category, therefore, we have decided to unify the current logos to make a new one in order to avoid confusion and to enhance its recognition.



※記載している規格内容はイメージです。

A案(Design A)

    • モノクロ
      Black&white

    • 規格内容表示 Content of specification
      (日本語 Japanese)

    • 規格内容表示 Content of specification
      (英語 English)

B案(Design B)

    • モノクロ
      Black&white

    • 規格内容表示 Content of specification
      (日本語 Japanese)

    • 規格内容表示 Content of specification
      (英語 English)

C案(Design C)

    • モノクロ
      Black&white

    • 規格内容表示 Content of specification
      (日本語 Japanese)

    • 規格内容表示 Content of specification
      (英語 English)

投票する(Vote)

お問合せ先

食品製造課基準認証室

代表:03-3502-8111(内線4480)
ダイヤルイン:03-6744-2096