このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成30年度春期インターンシップ(農林水産省本省、林野庁本庁及び水産庁本庁実施分)

(1)対象者

大学、大学院生等(日本国籍を有さない者は実習生となることができません。)

(2)実施時期・期間

平成31年2月~4月の間で受入部署が設定する期間

受入部署により実施時期・期間が異なります。詳細については、受入決定後調整いたします。

各部署の実施期間については、「受入部署一覧(別紙1)」を参照して下さい。

(3)実施時間

原則として月曜日から金曜日までの午前9時45分から午後5時15分(土日、祝日は休み)

(4)受入部署

下記別紙1参照

(5)応募方法等

ア) 春期インターンシップを希望する学生は、各大学の就職担当部局等に申し出て下さい。

イ) 各大学の就職担当部局等は、インターンシップに参加させるものとして推薦する学生を「推薦申込書(様式2)」にとりまとめ、被推薦者毎に「調書(様式1)」を添付して、下記期限までに応募先アドレスへメールにて提出して下さい。
なお、各様式の記載・提出にあたっては、「提出書類の記入要領等(別紙2)」をご参照下さい。

ウ) 応募書類受領後3日以内に秘書課より受領完了の旨メールを送付します。メールが届かない場合は、秘書課までお問い合わせ下さい。

(6)受入学生の決定

受入れが決定してからの手続ですので、下記の書類を応募時に提出して頂く必要はありません。

ア)農林水産省は、提出していただいた調書に基づき受入学生の選考を行い、結果を大学に連絡します。

イ)受入れが決まった学生が在籍する大学は、農林水産省との間で覚書を締結します。

ウ)受入れが決まった学生は、誓約書に承諾の上、在籍する大学の担当者を通じて、農林水産省に提出します。

(7)所要経費

本インターンシップの必要経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については、原則として各自で負担することとします。また、受入課(室)によっては、実習中に関連施設の見学等を行う場合がありますが、その場合の必要経費についても各自で負担することとします。

なお、受入れに際しては、災害傷害保険、賠償責任保険の両方に加入していることを条件とします。

(8)応募締切

平成30年12月21日(金曜日)メール必着

(インターンシップを希望される皆様へ)

就職担当部局等への調書の提出方法については、各大学の就職担当部局等にお問い合わせください。

(9)提出先アドレス

intern@maff.go.jp

(注)zipファイルは削除されますので、zipファイルでは送らないで下さい。 

【様式】

【参考】

農林水産省就業体験実習実施要領等(PDF : 384KB)

インターンシップ応募から受入れまでの流れ(PDF : 254KB)

お問合せ先

大臣官房秘書課

担当者:企画第2班 採用・研修担当 黒木・滝澤
代表:03-3502-8111(内線3024)
ダイヤルイン:03-6744-0018
FAX:03-3592-7696

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader