このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農山漁村地域における起業支援プログラム『INACOME』

1.INACOMEとは

農山漁村地域が活力を取り戻し、持続的な発展を実現するためには、何よりもまず、雇用と所得を生み出すことが重要です。

農山漁村には魅力的な資源が豊富にあり、これを活用した多様な事業を起こすチャンスに溢れています。農林水産省では、豊かな資源とやる気溢れる人材、そして必要な資金を組み合わせることで新たなビジネスが生まれ、農山漁村の価値を高めることができると考え、農山漁村地域における起業支援プログラム『INACOME』を実施しています。

2.農山漁村地域における起業支援プログラム『INACOME Pitch Day』(平成31年2月23日開催)について

平成31年2月23日(土曜日)に、INACOMEに参加する起業希望者によるビジネスアイデア発表をはじめ、多くの方々と一緒に農山漁村地域でのビジネスを考える『INACOME』Pitch Dayを開催しました。

本動画は100BANCHが撮影したものです。
100BANCH公式サイト|http://100banch.com/(外部リンク)

  1. 発表者及びビジネスプラン
    宮川将人さん(熊本県宇城市)地元有害鳥獣のジビエ利用によるビジネス化
    酒井裕司さん(長野県上伊那郡飯島町)わらしべ長者プロジェクト
    奥田将大さん(新潟県南魚沼郡湯沢町)ムスリム旅行者と農山漁村地域/伝統文化を繋ぐ ITコンシェルジュサービス
    竹中悠輝さん(長野県上伊那郡南箕輪村)ドローンレーザを使用した単木レベルの森林資源計測
    伊藤弘晃さん(福井県福井市)ふくい郷守人プロジェクト
    端無徹也さん(三重県熊野市)伐採した樹木を有効に使おうプロジェクト
    水野裕之さん(愛媛県宇和島市)島内外のコミュニケーションを生む「また来たい!が生まれる場所」作り
    鈴木美樹さん(山梨県西八代郡市川三郷町)「集落ステイ」のすすめ・畑クラウド・バンブーオフィス
    梅谷真慈さん(岡山県美作市)捕獲から活用までワンストップ里山体験鹿革活用事業
    羽村太雅さん(千葉県勝浦市)自然体験活動を通じて理科を学ぶスタディツアー「理科の修学旅行」
    ※上記順番とピッチ順序は必ずしも一致しません。
    ※ビジネスプラン名は当日変更になる可能性があります。
     
  2. 審査員
    小川淳氏(FVC Tohoku株式会社代表取締役社長)
    米山健一氏(株式会社CAMPFIRE CAMPFIRE Bank 担当)
    多田盛弘氏(アイ・シー・ネット株式会社代表取締役社長)

関連資料

3.実施報告書

平成30年度に、10名の起業家の方へのアクセラレーションプログラムの提供等を通じて、農山漁村地域において起業を行うに当たっての具体的な課題の抽出や、解決の方向性を明らかにしました。

お問合せ先

大臣官房政策課

代表:03-3502-8111(内線3088)
ダイヤルイン:03-3502-8448
FAX番号:03-3508-4080

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader