ホーム > 組織・政策 > 基本政策 > 東日本大震災に関する情報 > 生産関係 > 福島県南相馬市の25年産米の基準値超過の発生要因調査について


ここから本文です。

更新日:平成27年10月5日
担当:生産局総務課

福島県南相馬市の25年産米の基準値超過の発生要因調査について

農林水産省は、福島県及び関連機関と連携し、福島県南相馬市の25 年産米の基準値超過の発生要因について調査を行ったほか、大気浮遊じん及び降下物についてモニタリング調査を行っています。
これまでに得られた調査結果等は以下のとおりです。また、大気浮遊じん及び降下物のモニタリング調査結果については、こちらをご覧下さい。

※ 調査結果を引用する場合のお願い
   以下に掲げる調査結果の中には、イメージングプレート(放射線を高感度に検出するX 線写真)による画像が含まれています。
   その多くは、放射性物質の位置がわかるように、イメージングプレートの画像と通常の画像(可視光の写真)を重ね合わせて合成していますが、あくまでも合成画像であり、実際の農作物等が黒く見えるわけではありません。
   合成画像を引用する場合は、上記のような説明を付すなど、誤解が生じないようご配慮をお願いいたします。

(平成27年10月5日掲載分) 

 

(平成27年5月26日掲載分) 

 

(平成27年2月12日掲載分)

 

(平成26 年12月1日掲載分)

 

(平成26 年10 月31 日掲載分)

 

(平成26 年8 月25 日掲載分)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ


アクセス・地図