ホーム > 組織・政策 > 基本政策 > 東日本大震災に関する情報 > 食料等の確保及び円滑な流通の確保 > 東京電力福島第一原子力発電所事故を踏まえた円滑な食品流通の確保について > ミネラルウォーターの供給に関する適切な対応について(団体宛て)


ここから本文です。

ミネラルウォーターの供給に関する適切な対応について(団体宛て)

平成23年3月23日

日本ミネラルウォーター協会会長 柳 謙三 殿
社団法人全国清涼飲料工業会会長 前田 仁 殿

農林水産省総合食料局食品産業振興課長

ミネラルウォーターの供給に関する適切な対応について 

 

平素より食品産業行政の推進につきましては、ご理解とご協力を賜り御礼申しあげます。

さて、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震につきましては、貴工業会の傘下会員より被災地に対してミネラルウォーター供給のご支援をいただき誠にありがとうございます。

また、皆様ご存じの通り、今回の大地震により東京電力福島原子力発電所が大きな被害を受けており、3月23日には東京都水道局から一部の浄水場において、乳児の飲用に関する暫定的な指標値を超過する濃度の放射性ヨウ素が測定され、乳児による水道水の摂取を控えることを内容とする文書が公表されました。

飲用水の確保につきましては、上水道当局における対応が基本ではありますが、ミネラルウォーターに関する需要が増加することが想定されますので、その供給に関する適切な対応方よろしくお願いいたします。

お問い合わせ先

食料産業局食品産業振興課 
代表:03-3502-8111(内線4153)
ダイヤルイン:03-6744-2249

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図