このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

国際シンポジウム 気候変動と農業ビジネス International symposium

気候変動と農業ビジネスイメージ画像
「気候変動と農業ビジネス -技術を農業者に届けるために企業と研究者ができること-
International symposium for scaling up and out of climate-smart technologies and practices for sustainable agriculture


令和元年115日(火曜日)
13時30分-17時00分(12時00分開場)
Tuesday, 5th November 2019,
1330-1700(open 1200) flyer(PDF:431KB)
フライヤーはこちら(PDF : 434KB)

区切り線1
ロゴマークSDGsマーク
会場:日本学術会議 講堂 (東京都港区六本木 7-22-34 東京メトロ千代田線乃木坂駅5番出口 詳細は以下地図参照)
言語:日英同時通訳
参加費無料

 VENUE: Science Council Japan, Roppongi 7-22-34, Minato-ku, TOKYO JAPAN (See the map below)
Language: English and Japanese
PARTICIPATION FREE
 出席者数:190名
(会場の様子)
会場の様子写真
区切り線2

プログラム PROGRAMS

*環境保護の観点から、シンポジウム当日、会場での講演資料の配布は行いません。
   資料は事前にホームページ上に掲載いたしますので、必要な方はタブレット等の端末に保存の上ご持参いただく等、
   ペーパーレスへのご協力をお願いします。
For environmental reasons, no paper copies of documents will be shared at the symposium.

13時30分 開会 Opening
農林水産省
Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries

13時40分 基調講演 Keynote Speech
「農業者と地球のための技術の導入と拡大」(PDF : 2,795KB)
 (  分割版1(PDF : 1,679KB)  分割版2(PDF : 1,784KB) )
国際農業研究協議グループ(CGIAR)気候変動・農業・食料安全保障研究プログラム(CCAFS) 国際政策マネージャー ダヌシュ ディネシュ氏

"Scaling up and out technologies for farmers and the earth"(PDF : 2,795KB)
 (  Part 1(PDF : 1,679KB)  Part 2(PDF : 1,784KB) )
Mr. Dhanush Dinesh, Global Policy Engagement Manager, CGIAR Research Program on Climate Change, Agriculture and Food Security (CCAFS)

農業と気候変動の基本や課題、気候変動対応技術に関する世界の潮流について、様々な事例を用いて分かりやすく解説します。

14時10分 地域主導の活動 Local Practice
「気候のソリューションとしての健全土壌と自主的な保全行為の普及」
講演資料1(アダム・チャンバーズ氏)(PDF : 1,583KB)
講演資料2(エイミー・スワン氏)(PDF : 2,395KB) (分割版1(PDF : 1,348KB) 分割版2(PDF : 1,283KB))
※エイミー・スワン氏の講演資料の12及び13ページ目の和訳に誤りがあったため、訂正いたしました。(11月7日)
  (訂正前)メガトン  (訂正後)メトリックトン
コロラド州立大学自然資源生態学研究所 エイミー・スワン氏
米国農務省(USDA)自然資源保護サービス(NRCS)西部技術サポートセンター アダム・チャンバーズ氏

"Scaling-up Healthy Soils and Voluntary Conservation Practices as a Climate Solution"
Presentation File 1(Dr. Adam Chambers)(PDF : 1,583KB)
Presentation File 2(Ms. Amy Swan)(PDF : 2,395KB) (Part 1(PDF : 1,348KB) Part 2(PDF : 1,283KB))
Ms. Amy Swan, Natural Resource Ecology Laboratory, Colorado State University
Dr. Adam Chambers, USDA-Natural Resources Conservation Services (NRCS), West National Technology Support Center

15時00分 企業主導の活動 Business Case
「気候危機の緩和を目指したパタゴニアの食品ビジネス」(PDF : 5,905KB)
 (  分割版1(PDF : 2,051KB)  分割版2(PDF : 2,055KB)  分割版3(PDF : 1,977KB) )
パタゴニア日本支社 環境・社会部門 シニアディレクター 佐藤 潤一氏

"Patagonia's Food Business to mitigate Climate Crisis."(PDF : 5,905KB)
 (  Part 1(PDF : 2,051KB)  Part 2(PDF : 2,055KB)  Part 3(PDF : 1,977KB) )
Mr. Junichi Sato, Senior Director of Environmental and Social Initiatives, Patagonia Japan

15時40分 パネルディスカッション Panel Discussion
これからの農業のために。ほんきで議論しよう。
ファシリテーター:山田 唯人 氏 /マッキンゼー・アンド・カンパニー・インコーポレイテッド・ジャパン パートナー
パネリスト:
前田 佳良子氏 /セブンフーズ株式会社 代表取締役社長
大津 耕太氏 /ランドスケープ農家・O2(オーツー)Farm
ダヌシュ・ディネシュ氏 /国際農業研究協議グループ(CGIAR)
アダム・チャンバーズ氏 /米国農務省(USDA)
佐藤 潤一氏 /パタゴニア日本支社
久保 牧衣子 /農林水産省大臣官房政策課環境政策室長

Let's discuss seriously, for the future agriculture.
Facilitator: Mr. Yuito Yamada /Partner, McKinsey & Company Inc. Japan
Panelist:
Ms. Kayoko Maeda /President, Seven Foods Inc.
Mr. Kota Otsu /Landscape farmer and O2 Farm
Mr. Dhanush Dinesh /CGIAR CCAFS
Dr. Adam Chambers /USDA
Mr. Junichi Sato /Patagonia Japan
Ms. Maiko Kubo /Director, Environment Policy Office, MAFF Japan

研究は、農業にとって気候変動に対応するために必要不可欠なものです。その研究で見つかった農業の良い技術とイノベーションがどんどん取り入れられていくためには、研究や企業活動をする際に、農業者と一緒に研究計画を立て、実施することが鍵となります。なぜならば、農業者自身こそが気候の変化を感じ、新しい方法を必要とし、研究成果を使う人であるからです。今こそが、農業の現場で研究を行い、その成果を使い、社会全体が気候変動に対応していく時なのです。
二人の農家(畜産及び稲作)の知見を交え、科学者、ビジネスパーソン、そして消費者でもある我々皆で考えましょう。 会場から集められた質問はパネリストに渡され、一部についてはその場で回答が入ります。

Research is necessary for agriculture to cope better with the changing climate, and also provide solutions. In order to promote adoption of good practices, technologies and innovations at scale, it is key to plan and implement research with farmers. Because they are the ones who feel the climate, need new ways, and implement the results of research. So, it is high time to seriously do farmers participatory research in the living society. Two Japanese farmers (livestock and rice) will be invited to provide their views and questions to scientists, business persons, and all of us (consumers!).
Questions collected from the floor will also be passed to Panelists to respond.

17時00分 閉会 Closing

概要 Message

気候変動は待ったなし -科学者からの警告
農業を含む産業活動によって、私たちが住む地球の平均気温は、産業革命前と比較して、すでに約1度上昇しました。気候変動は、熱波、干ばつ、豪雨といった極端現象の頻度とその被害の大きさを増やし、私たちの食料安全保障と生態系に悪い影響を及ぼしています(※)。

研究+ビジネス+αが必要
気候変動が進み、すでにこれまでの農業のやり方のみでは対応しきれなくなっています。新しい農業のために開発された「気候変動に適応した農業技術」や「温室効果ガスの排出が少ない農業」を世の中に広めて行くためには、一体何が必要なのでしょうか。

手遅れにならないうちに、開発された技術や知識を農業者が実践できるように。農業者を中心とした新しい研究アプローチ、そしてビジネスが求められています。
世界の気候変動と食料の課題を解決する農業者の貴重な役割を私たちみんなが理解することから始めましょう。

(※)気候変動に関する政府間パネル(IPCC)土地関係特別報告書(2019年8月)

Urgency – scientists say climate change is already affecting our lives
The global average temperature has already risen 1 degree compared to pre-industrial period.
Climate change including increased frequency and intensity of severe weather such as heat-waves, droughts and heavy precipitation has adversely affected food security and the ecosystem. (IPCC Special Report on Climate Change and Land (2019))

Need to accelerate research, business and what else?
Previous practices are no longer the best for farmers because of climate change. In order to enable agriculture to adapt to the climate change, and reduce greenhouse gases, what do we need to scale up technologies and practices developed for “new “ agriculture?
 
We must introduce a farmers participatory approach in research, so that the results are implemented before it is too late. Everyone must recognize the valuable role of farmers, in providing solutions for climate change and the caregivers of global food and nutrition. 

参加登録方法 HOW TO REGISTER

※参加登録は締め切らせていただきました。
   ご不明な点がありましたら、環境政策室(03-6744-2473, climate_smart_ws@maff.go.jp)にご連絡ください。

※Registraion has been closed.
   If you have any questions, please contact us (+81-3-6744-2473, climate_smart_ws@maff.go.jp).

<地図map>

周辺地図_日本語版

MAP_English

区切り線3

お問合せ先

大臣官房政策課環境政策室

担当者:長野、古田、多田羅、山田
代表:03-3502-8111(内線3296)
ダイヤルイン:03-3502-8056
FAX番号:03-3591-6640

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader