ホーム > 組織・政策 > 基本政策 > 農林水産技術のホームページ > スマート農業の実現に向けた研究会


ここから本文です。

スマート農業の実現に向けた研究会

農林水産省は、ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業(スマート農業)を実現するため、ロボット技術利用で先行する企業やIT企業等の協力を得て平成25年11月に「スマート農業の実現に向けた研究会」を立ち上げ、推進方策等について検討を行っております。

1.研究会の設置について

(1)趣旨

我が国農業の現場では、担い手の高齢化が急速に進み、労働力不足が深刻となっており、農作業における省力・軽労化を更に進めるとともに、新規就農者への栽培技術力の継承等が重要な課題となっています。他方、異業種では、ロボット技術や人工衛星を活用したリモートセンシング技術、クラウドシステムをはじめとしたICTの活用が進展しており、農業分野への活用が期待されています。このため、ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業(スマート農業)を実現するため、スマート農業の将来像と実現に向けたロードマップやこれら技術の農業現場への速やかな導入に必要な方策を検討する「スマート農業の実現に向けた研究会」を設置します。

(2)研究会の設置、委員一覧

 

2.中間取りまとめについて

スマート農業の(1)将来像(ロボット技術やICT導入による新たな農業の姿)、(2)ロードマップ(段階別の実現目標と実現のための取組)、(3)取組上の留意事項を概略的に整理し、平成26年3月28日に中間とりまとめとして公表しました。

 「スマート農業の実現に向けた研究会」検討結果の中間とりまとめ(平成26年3月28日公表)(PDF:1,764KB)

 

3.ロボット農機に関する安全性確保ガイドライン(案)について New

 無人で自動走行する農業機械(ロボット農機)の実用化を見据え、ロボット農機の安全性を確保することを目的として、リスクアセスメントの実施など安全性確保の基本的な考え方、関係者の役割等を示す「ロボット農機に関する安全性確保ガイドライン」の最終案を平成28年3月18日に公表しました。本ガイドライン案は、有人の監視のもとで、ロボット農機に使用者が搭乗せずに無人で自動走行する方法を対象としています。今後は、平成28年度に本ガイドライン(案)の有効性・妥当性を検証した上で、平成29年3月末までにガイドラインを策定する予定です。

 

4.開催状況 

お問い合わせ先

生産局技術普及課生産資材対策室
担当者:スマート農業推進班
代表:03-3502-8111(内線4774)
ダイヤルイン:03-6744-2111
FAX:03-3597-0142

大臣官房政策課技術政策室
担当者:技術企画班
代表:03-3502-8111(内線3094)
ダイヤルイン:03-6744-0408

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図