このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農業競争力強化支援法


 第193回通常国会において、「農業競争力強化支援法」(平成29年法律第35号)が成立し、平成29年5月19日に公布されました。
 農業が将来にわたって持続的に発展していくためには、農業の構造改革を推進することと併せて、「良質で低廉な農業資材の供給」や「農産物流通等の合理化」といった、農業者の努力では解決できない構造的な問題を解決していくことが重要です。
 このため、本法律では、国の責務や国の講ずべき施策等を定めるとともに、農業資材事業や農産物流通・加工事業(以下「農業生産関連事業」という。)の事業再編等を促進するための措置を講ずること等により、農業者による農業の競争力の強化の取組を支援し、農業や農業生産関連事業の健全な発展に寄与することを目的としています。

関係法令

全国説明会・地域ブロック別説明会について

  • 法律の内容や関連施策について、農業資材及び農産物流通等の事業者、農業者、関係団体などの関係者に広く周知することを目的として、全国説明会・地域ブロック別説明会を開催いたしました。

配布資料

(参考配布)

お問合せ先

大臣官房政策課
代表:03-3502-8111(内線3104)
ダイヤルイン:03-6738-6120

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader