このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「車座ふるさとトーク」  平成27年12月4日 (岐阜県)

12月4日 佐藤農林水産大臣政務官は、岐阜県岐阜市で開催された「車座ふるさとトーク」に出席し、「インバウンドや観光を活用した農山漁村における地方創生の取組について」をテーマに参加者との意見交換を行いました。 また、これに併せて野菜栽培・加工施設及びディスカバー農山漁村(むら)の宝第2回選定地区の視察を行いました。

※「車座ふるさとトーク」は、各府省庁等の大臣、副大臣、政務官が地域に赴き、現場の生の声をつぶさに聞き、政策にいかすとともに、政府が取り組んでいる重要政策について説明を行うものです。

開催概要

 車座ふるさとトーク(会場:岐阜市民会館(岐阜県岐阜市)) 

 

 参加者と意見交換を行う佐藤農林水産大臣政務官

 参加者と意見交換を行う佐藤農林水産大臣政務官

佐藤農林水産大臣政務官と参加された方々

佐藤農林水産大臣政務官と参加された方々

 

1.  参加者からは、以下のような発言がありました。

  • 子どもたちやその親に本物の食を伝える活動を地域一丸となって続けていきたい。
  • 廃校を活用した農家レストランを始めて2年半になる。まずは都会の人を呼び込む活動を行い、その先にインバウンドに取り組んでいきたい。中山間地域の公共交通機関の整備や、観光客の受入れに当たって隣接自治体同士の連携をお願いしたい。
  • 直売所・農家レストランは女性の雇用の場となり、農家にとっても良い効果を生んでいる。また女性が接客をすることで、気楽に来られるとリピーターを集めている。自分たちが頑張る姿を見て、次の世代の子どもたちが農業はいいと少しでも思ってくれれば、と考えている。
  • 農村景観、地域のおもてなしは海外の人にとっても魅力的だと思う。景観を守る活動などを続けることにより訪れるファンが増えて、地元の意識も変わってきている。
  • 空き家を活用する活動により移住が増えて人口増となった。移住者が小さな畑を持てるよう、農地を利用しやすくなるように仕組みを整えてほしい。
  • 子どもの教育旅行受入れにより人を受け入れることに慣れて、中高生や外国人旅行者の受入れへと活動が広がっている。冬場の誘客がこれからの課題である。
  • 農村景観を守るにはそれを守る人が地域で暮らしている必要があるため、就農支援だけでなく、地方でツーリズムに関わる人材への支援制度を充実させて欲しい。農村地域でのツーリズム推進のために、関係法令を見直して欲しい。
  • 川漁師は新規参入がしづらいが、やってみたい人は多いと思うので、今の時代にあった支援策を検討して欲しい。
  • 地方に必要なのは職業の選択肢である。農村地域の産業は農業と観光しかないので、これを組み合わせていく必要がある。新しい取組が支援されないことは当然だとしても、頑張って2年3年続けてきた人を引き上げるような支援をお願いしたい。
  • TPPを見据えて加工品の輸出に取り組んでいきたいため、不足している加工技術や輸出に関する情報提供をお願いしたい。
  • 6次産業化による加工品の販路拡大のための支援をお願いしたい。
  • 農家レストランの取組は、提供する野菜を生産することが高齢者の生きがい対策にもなっている。自分たちの取組が結果を出すことによって地域活性化につながり、外から人が来るようになればよいと思い活動をしている。

 

2. 佐藤農林水産大臣政務官からは、以下のような発言がありました。

  • 全国の中でも先進的な取組をされている皆さんのお話は、他地域にとって大きなヒントとなる。
  • これからも頑張っている地域の再生につながるよう、政策に結びつけていくことをお約束する。

 

3. 開催の様子(動画)

https://youtu.be/u_hRPOvUGnw(外部リンク) 

 

 

 現地視察(岐阜県岐阜市、下呂市)

「車座ふるさとトーク」に併せて、わかば農園株式会社(野菜栽培・加工施設)及び馬瀬里山ミュージアム(ディスカバー農山漁村(むら)の宝第2回選定地区)を視察しました。

わかば農園株式会社を視察する佐藤農林水産大臣政務官

馬瀬里山ミュージアムを視察する佐藤農林水産大臣政務官

わかば農園株式会社を視察する佐藤農林水産大臣政務官

馬瀬里山ミュージアムを視察する佐藤農林水産大臣政務官

参考

「車座ふるさとトーク」の詳細については、以下のホームページを御参照ください。

http://www.gov-online.go.jp/topics/furusato/index.html (外部リンク)

 

お問い合わせ先

大臣官房地方課
担当者:総務班
代表:03-3502-8111(内線3222)
ダイヤルイン:03-3502-5592
FAX:03-3501-5203