このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成30年度において農山漁村振興交付金(農山漁村活性化整備対策・農泊推進対策(施設整備事業)のうち活性化計画に基づく事業)を活用する活性化計画の受付(第2回)について


  平成30年度に農山漁村振興交付金(農山漁村活性化整備対策・農泊推進対策(施設整備事業)のうち活性化計画に基づく事業)を活用する活性化計画の受付(第2回)を以下のとおり行います。
計画の提出を考えている計画主体は、お早めに提出してください。
  今回、受付の対象とする活性化計画は、平成30年度から事業を開始する活性化計画及び継続事業で重要な変更
を行う活性化計画です。

1.受付の対象となる事業内容

  都道府県又は市町村が作成した定住・交流促進のための計画の実現に向け、必要な農産物加工・販売施設、地域間交流拠点施設等の整備を行うもの。
詳細については、こちらに掲げる資料をご覧ください。

2.活性化計画の受付期間

  平成30年8月6日(月曜日)から平成30年9月7日(金曜日)まで(必着)
  なお、活性化計画は公文の提出前に、活性化計画及びその添付書類(図面、農山漁村振興交付金(農山漁村活性化整備対策)事業実施計画及び事前点検シート)の公表に努めるようお願いします。
  また、都道府県にあっては関係市町村に、市町村にあっては都道府県に、当該活性化計画の写しを送付し、情報共有をお願いします。

3.交付対象事業費の上限等

(1)限られた予算の中、全国各地における地域の創意工夫による活性化計画の取組を幅広く支援していくため、以下のとおり事業費の上限等を設定します。
ア 総事業費のうち、8億円まで(国費として4億円まで)を交付対象とします。
イ 新規に交付対象とする活性化計画の提出は、各市町村1計画に限ります。
ウ 活性化計画及び事業実施計画の重要な変更については、当初計画に位置付けた施設以外の新たな施設の追加は認めないこととします。
(2)各対策の区分分けは以下のとおりです。
ア農山漁村活性化整備対策で実施する計画は、農山漁村定住促進対策型の事業メニューを主たる事業とし、農山漁村における定住促進を目的としているもの。
イ農泊推進対策(施設整備事業)のうち活性化計画に基づき実施する計画は、農山漁村交流対策型の事業メニューを主たる事業とし、都市と農山漁村の交流を目的として実施するもの。
(3)農山漁村振興交付金(農泊推進対策)のうち活性化計画に基づく事業の平成30年度新規計画については、次のいずれかの条件を満足するものに限ります。
ア 平成29年度農泊推進対策(農泊推進事業)を実施した地域であること
イ 平成30年度に農泊推進対策(農泊推進事業)に選定された地域であること


4.提出先及びお問合せ先

該当都道府県 提出先及びお問合せ先
  北海道   農林水産省 農村振興局 整備部 地域整備課 活性化支援班
  〒100-8950  東京都千代田区霞が関1-2-1
  電話:03-3501-0814、FAX:03-3501-8358
  青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県   農林水産省 東北農政局 農村振興部 地域整備課
  〒980-0014  宮城県仙台市青葉区本町3-3-1
  電話:022-263-1111(内線4171)、FAX:022-216-4287
  茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、
  神奈川県、山梨県、長野県、静岡県
  農林水産省 関東農政局 農村振興部 地域整備課
  〒330-9722  埼玉県さいたま市中央区新都心2-1
  電話:048-740-0115、FAX:048-600-0624
  新潟県、富山県、石川県、福井県   農林水産省 北陸農政局 農村振興部 地域整備課
  〒920-8566  石川県金沢市広坂2-2-60
  電話:076-232-4726、FAX:076-234-8051
  岐阜県、愛知県、三重県   農林水産省 東海農政局 農村振興部 地域整備課
  〒460-8516  愛知県名古屋市中区三の丸1-2-2
  電話:052-223-4639、FAX:052-219-2667
  滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県   農林水産省 近畿農政局 農村振興部 地域整備課
  〒602-8054  京都府京都市上京区西洞院通下長者下る丁子風呂町
  電話:075-414-9553、FAX:075-417-2090
  鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、
  香川県、愛媛県、高知県
  農林水産省 中国四国農政局 農村振興部 地域整備課
  〒700-8532  岡山県岡山市北区下石井1-4-1
  電話:086-224-9422、FAX:086-234-7445
  福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、
  鹿児島県
  農林水産省 九州農政局 農村振興部 地域整備課
  〒860-8527  熊本県熊本市西区春日2-10-1
  電話:096-300-6510、FAX:096-211-9350

5.提出方法(郵送及び電子メール)

郵送

  以下の様式を公文で、4.提出先及びお問合せ先を経由し、農林水産大臣へ紙ベースで提出してください。
 (1)公文書(WORD : 28KB)
 (2)活性化計画(EXCEL : 70KB)
 (3)添付書類
    [1]農山漁村振興交付金(農山漁村活性化整備対策)事業実施計画(EXCEL : 88KB)
    [2]事前点検シート(WORD : 66KB)

電子メール

  郵送による提出物のうち、公文書以外は電子メールによる提出もお願いします。
 (1)提出ファイル
 活性化計画及び農山漁村振興交付金(農山漁村活性化整備対策)事業実施計画については、エクセル形式で提出をお願いします。
 (2)メールの容量
7MB以上を超えるデータの受け取りができませんので、その場合複数回に分けて送付をお願いします。
 (3)メールの件名
  電子ファイルで提出頂くメールの件名は次のようにお願いします。
  【H30】【○○県・市】○○活性化計画(30○○○○)版【△/△】
      【○○県・市】:計画主体の名称をご記入願います。
                     なお、共同で作成される場合は、代表計画主体の名称をご記入願います。
      (30○○○○):提出年月日をご記入願います。
                     例えば、平成30年8月6日の場合は、(300806)となります。なお、年月日は、公文書の年月日と同一にしてください。
      【△/△】:総メール数と今回送付するメールがそのうち何通目なのかをご記入願います。
                 例えば、総メール数が4通、当該メールが2通目の場合は【02月04日】となり、【01月04日】~【04月04日】までの4通が送付されることとなります。
(4) 農林水産大臣への提出先
農林水産省 農村振興局 整備部 地域整備課 活性化支援班あて
提出先メールアドレス:project_kasseika@maff.go.jp

 

お問合せ先

農村振興局整備部地域整備課

担当者:活性化支援班
代表:03-3502-8111(内線3098)
ダイヤルイン:03-3501-0814
FAX番号:03-3501-8358