ホーム > 組織・政策 > 経営 > 農業災害補償制度のページ


ここから本文です。

全国の農業共済組合Web集[外部リンク]

 yajirushi

(お近くの農業共済組 合の検索等にご活用下さい)

農業災害補償制度のページ

    農業災害補償制度は、国の農業災害対策として実施している公的な保険制度です。農業者の方が出し合った共済掛金を原資として、自然災害により被害に遭われた農業者の方に、被害程度に応じて共済金が支払われます。

    農業者の相互扶助を基本に、全国各地域にある農業共済組合又は市町村によって運営され、この事業は農業共済事業とも呼ばれています。また、農業共済組合や共済事業を行っている市町村は、NOSAI(ノーサイ)とも呼ばれています。なお、国では、共済掛金・運営費の補助、再保険を行っています。

 

農作物共済 家畜共済 果樹共済 畑作物共済

園芸施設共済

 

以下(制度の目的~共済金の支払状況)の印刷はこちらから(PDF:134KB)

制度の目的

農業者が不慮の事故によって受けることのある損失を補塡して農業経営の安定を図り、農業生産力の発展に資することを目的としています。(農業災害補償法第1条)

対象となる事故

風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因による災害、火災、病虫害、鳥獣害などです。

制度の仕組み

本制度は、被災した農業者の損失を保険の仕組みにより補塡しており、農業者があらかじめ掛金を出し合って共同準備財産を造成し、被害が発生した場合にはその共同準備財産から共済金を支払うという農業者の自主的な相互救済を基本としています。

事業の種類と対象としている農作物等

農作物共済事業: 水稲、陸稲、麦

家畜共済事業    : 牛、馬、豚

果樹共済事業    : うんしゅうみかん、なつみかん、いよかん、指定かんきつ、

りんご、ぶどう、なし、もも、おうとう、びわ、かき、くり、うめ、すもも、キウイフルーツ、パインアップル

(指定かんきつ:はっさく、ぽんかん、ネーブルオレンジ、ぶんたん、たんかん、さんぼうかん、清見、日向夏、セミノール、不知火、河内晩柑、ゆず、はるみ、レモン、せとか、愛媛果試第28号及び甘平をいう。)

畑作物共済事業: ばれいしょ、大豆、小豆、いんげん、てん菜、さとうきび、茶、

 そば、スイートコーン、たまねぎ、かぼちゃ、ホップ、蚕繭

園芸施設共済    : 特定園芸施設(附帯施設、施設内農作物を含む。)

 掛金の国庫負担

掛金の国庫負担率:原則として50% 

制度の機構 

本制度は、(ア)農業共済組合等(農業共済組合又は農業共済事業を行う市町村)、(イ)都道府県を区域とする農業共済組合連合会、(ウ)政府の3段階で運営されています。

大災害に備え、農業共済組合等は、連合会の保険に付し、更に、連合会は国の再保険に付すことにより、全国的な危険分散を図っています。

主な補塡の仕組み(共済金)

災害により、収穫量が平年に比べ一定割合以上減少した場合に、補塡の対象となる減収量を算出し、これに農業者との契約による補償単価を乗じて算出した共済金を支払います。

稲の被害写真災害による減収 

補填の仕組み     

 

共済金の支払状況

共済金の支払いは、自然災害が多いか少ないかにより変動します。

平成5年の大冷害の際には、5,487億円の共済金を支払い(うち再保険金4,388億円)、平成15年は1,871億円の共済金(うち再保険金1,111億円)を支払うなど、農業者の経営安定に寄与してきました。

 

共済金の支払状況

収入保険制度の検討

<背景/課題>

  • 農業経営の安定を図るためのセーフティネットとしては、加入者の負担を前提とする保険の仕組みが有力な手法のひとつです。
  • 現行の農業共済は自然災害等による収量減少を対象としており、価格低下は対象としていません。
  • また、現行の農業共済は、収量減少を把握することができることを前提としているため、対象品目が限定されており、農業経営全体をカバーしていません。
  • このため、農業経営全体に着目し、価格低下を含めた収入減少を補塡する収入保険制度の導入に向け、調査・検討を進めていく必要があります。
  • なお、収入保険制度の設計には、過去のデータを踏まえた保険料・保険金等の水準設定や、加入者の収入の捕捉方法等につき十分な検討が必要です。

 

<収入保険制度検討調査費>

  農業経営の安定のための新たなセーフティネットとして、収入保険制度の設計に向けた調査を行います。

  • 保険料や保険金等の水準設定などに必要な過去の農業者の収入データの収集
  • 加入者の収入の捕捉の方法に係る検討  等

 

  平成26年度予算額 :321百万円
  委託先 :民間団体等
                 ※入札の結果、公益社団法人全国農業共済協会が受託

お問い合わせ先

経営局保険課
担当者:企画調査班
ダイヤルイン:03-6744-2175
FAX:03-3506-1936

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図