このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

収入保険制度の導入及び農業災害補償制度の見直しについて 

収入保険制度の導入及び農業災害補償制度の見直し 

収入保険制度の検討等に関する有識者会議

平成28年度  収入保険制度検討調査費

<背景/課題>

  • 農業経営の安定を図るためのセーフティネットとしては、加入者の負担を前提とする保険の仕組みが有力な手法のひとつです。
  • 現行の農業共済は、自然災害等による収量減少を対象としており、価格低下は対象としていません。 また、収量減少を把握することができることを前提としているため、対象品目が限定されており、農業経営全体をカバーしていません。
  • このため、農業経営全体に着目し、価格低下を含めた収入減少を補塡する収入保険制度の導入に向け、調査・検討を進めていく必要があります。
  • なお、収入保険制度の導入のためには、過去のデータを踏まえた保険料・保険金等の水準設定や、制度の実施方法等につき十分な検討が必要です。

<収入保険制度検討調査費>

  農業経営の安定のための新たなセーフティネットとして、収入保険制度の導入に向けた調査を行います。

  • 保険料や保険金等の水準設定などに必要な過去の農業者の収入データの収集
  • 制度の実施方法等を検証するための事業化調査(フィージビリティスタディ)の実施    等
      平成28年度予算概算決定の概要  収入保険制度検討調査費の概要(PDF : 100KB)

平成29年度  収入保険制度の導入・農業災害補償制度の見直しに向けた準備

      平成29年度予算概算決定の概要  収入保険制度の導入・農業災害補償制度の見直しに向けた準備(PDF : 112KB)

お問い合わせ先

経営局保険課
担当者:企画調査班
ダイヤルイン:03-6744-2175
FAX:03-3506-1936

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader