このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

強い農業づくり交付金のうち特定地域経営支援整備

  • 印刷

経営規模の零細な農家が多くを占める地域等(担い手育成緊急地域)及び沖縄県において、意欲ある多様な経営体の育成に必要な生産施設、加工施設、流通販売施設及び土地基盤等の整備に対し支援します。

本事業は平成22年度からの新規事業です。

担い手育成緊急地域とは

  1. 農家1戸当たりの平均農地面積がおおむね0.5ha(北海道においては2ha)未満であり、かつ、農地面積が0.5ha(北海道においては2ha)未満の農家が5割以上を占める地域等
  2. 販売農家に対する副業農家の割合が7割(北海道においては3割)以上であり、かつ、主業農家の割合が1割(北海道においては6割)以下の地域

事業の概要

支援の仕組み

事業実施計画の作成から交付金の配分までの流れは以下の通りです。

  1. 計画主体である市町村等は、地域農業の現状と課題、課題を解決するための対応方針、成果目標、成果目標を達成するために必要な施設等整備計画などを内容とした事業実施計画を作成し、都道府県へ提出します。
  2. 都道府県は、提出された事業実施計画の審査・取りまとめを行い、都道府県事業実施計画を策定し、国へ提出します。
  3. 国は、成果目標水準等に応じて設定されたポイントの配分基準に基づき、都道府県から提出された事業実施計画をポイントの高い順に並べ、予算額の範囲内でポイントの高い方から順に要望額を都道府県ごとに合計し、その合計額を都道府県へ配分します。
  4. 都道府県は、成果目標の妥当性についてのみ国と協議を行った上で、都道府県の裁量により市町村へ交付金を配分し、市町村は、各地区へ交付金を配分します。

関係通知

 強い農業づくり交付金の関係通知は、こちらのページ(「強い農業づくりの支援」ページへのリンク)でご案内しています。

お問い合わせ先

経営局就農・女性課経営体育成支援室
ダイヤルイン:03-6744-2148
FAX:03-3593-2612

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader