このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農業を学ぶための学校のご案内

就農を目指す方や、経営発展のためにスキルアップを目指す農業者の方を対象として、

種々の研修教育機関において農業の技術や経営に関する研修教育を行っています。

研修教育機関の概要は以下の通りです。

道府県の農業大学校

道府県の農業大学校とは

道府県の農業大学校は、農業経営の担い手を養成する中核的な機関として、全国42道府県に設置されています。

道府県の農業大学校における研修教育

以下の3つの学習課程があります。 
  対象者 標準的な履修時間   教科 学習の方法
養成課程 高校卒業程度の学力を有する方 2年間 2,400時間(80単位)以上 分野に応じた専門課程(稲、畑作物 、野菜、果樹、花き、 酪農、肉牛、養豚、養鶏など) 講義、演習、実験と実習がおおむね半分ずつ
研究課程 農業大学校養成課程卒業生や短大卒業者

2年間 2,400時間(80単位)以上

(※1年間の学校もあります。)

 分野に応じた専門課程(稲、畑作物 、野菜、果樹、花き、 酪農、肉牛、養豚、養鶏など)

養成部門で学んだ学習内容をさらに深め、高度な農業技術や経営能力等を養成

講義、演習、実験と実習がおおむね半分ずつ
研修課程 技術・知識の向上を目指す農業者の方や就農を希望する方 1日~数週間程度(コースにより異なります。)  各分野ごとにコースが設置(農業技術、農業機械操作、経営管理、農業体験など) 受講者の経営の発展段階、受講者のニーズ等を踏まえて学習を実施
 

道府県の農業大学校についての詳しい情報

道府県の農業大学校について詳しい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

(参考)農業大学校の根拠法令等については、普及関係法令・通知をご覧ください。

 

この他に様々な農業者研修教育機関があります

  上記の他に、農業に関する研修等を行っている種々の研修機関等があります。詳しくは以下の担当者までお問い合わせ下さい。

それぞれの学校では地域の特色を生かし、実践的な農業技術等に関する教育が行われています。

 

農業者研修教育機関についての詳しい情報

就農を目指す方や、スキルアップを目指す農業者の方等を対象に、様々な研修が行われています。詳しくはそれぞれの学校のホームページをご覧ください。

     

(参考)24年度からの農業経営者教育の強化について

農業経営の高度化や6次産業化など、農業をめぐる状況の変化に対応し、就農を目指す方や経営発展を目指す農業者の方に対して、より充実した教育を行うため、平成24年度から高度な農業経営者育成教育を実施する民間の教育機関と道府県農業大学校など地域の農業経営者育成の中核教育機関とが連携し、教育の強化に向けて行う取組みを支援することとしています。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

お問い合わせ先

経営局就農・女性課
担当者:農業教育グループ
代表:03-3502-8111(内線5196)
ダイヤルイン:03-6744-2160
FAX:03-3593-2612